Share

Conrad Stoltzコンラッド・ストルツ)

トライアスリート/XTERRA アスリート

「アドレナリンが出てフューーーと叫べるようなトラックがあれば最高です!」
Conrad Stoltzコンラッド・ストルツ) – トライアスリート/XTERRA アスリート

南アフリカで生まれ育ち、9歳の時に初めてBMX 競技に参加し、さまざまなレーシングキャリアを持つアスリート

ストーリー

14才のときに、ストルツは初めてトライアスロンレースに参加し、そして高校卒業後にプロになりました。今では、20年以上のレース経験を持ち、50回の XTERRA の優勝を遂げ、4回の XTERRA ワールドチャンピオンになりました。また言うまでもなく2回のオリンピック トライアスリートです。

彼のプロのアスリートとしての最初の年月はそれほどのものではありませんでした。ストルツによれば、「私はベンチで寝てレースの前には(わざと)警察にいました。そしてレースでは安い、借りた自転車で勝ちました。」この装備に厳しいという評判と結びついた、その日暮らしのライフスタイルから、彼には「ケイブマン(原始人)」 というニックネームが付けられました。それにもかかわらず、ストルツは控えめで優しい競技者としてもよく知られています。 最近では、XTERRA 競技での50回目の優勝の後、ストルツは上位5番目の選手がゴールラインを通過するまでゴール地点にとどまり、単にレースを終えたということで彼の偉業を分かち合いました。 

20年もの間彼の脚を使ってレースを行う中で、ストルツはレースの準備を整える科学的なアプローチを続けています。心拍数のファイルの解析と回復のためのトレーニングは彼のアプローチの基礎となっています。

「プロとしての22年の後、私の脚は極めて太くなり、そのため従来の脚のトレーニングは行わずに年間を通して現状を保つようにしています。若いときのようにアイスクリームとビールシーズンの3ヶ月間それらを飲み食いするようなことはできません。」と、ストルツは加えて言います。 

アウトドアへの純粋な愛情を保ちながら、ストルツはゴールラインのテープを切ることが爽快なんだとためらいなく打ち明けます。どのようにして半分の歳のやつらと戦い続けることができるのかと聞かれると、ストルツは、それは自分にはきつい経験だったけど、最後にはそれはスポーツへの愛情と、やり続けようというポジティブな態度になるのだと言います。

FACTS
Conrad Stoltzコンラッド・ストルツ)
名前Conrad Stoltzコンラッド・ストルツ)
スポーツXterra トライアスロン (19991年よりプロとして競技)
趣味距離耐久モトクロス、おいしい食事とワイン
出身地ステレンブーシュ(Stellenbosch)、南アフリカ
ウェブサイトhttp://suuntousanews.blogspot.com/
Suunto Movescountプロフィールhttp://www.movescount.com/members/Conrad_Stolz
前へ
William Trubridge(ウィリアム・トゥルブリッジ)
次へ
Ueli Steck(ウーリー・ステック)