Share

手首で心拍数を計測する際の精度について

手首での光学式心拍計測は、簡単で便利な計測方法です。最適な結果を得るためには、心拍計測に影響する下記の事柄にご注意ください。 

  • ウォッチは直接肌に触れた状態で装着してください。たとえどんなに薄くて
も、センサーと肌の間に衣類などを挟まないようにしてください。
  • ウォッチは、普段よりも高めの位置に身につけてください。センサーは生体組織を通じて血流を読み取ります。より多くの生体組織からデータを読み取ることで、より正確な結果を得ることができます。
  • スイミングなど水中でのスポーツアクティビティでは、光学式センサーによって測定された心拍数に若干の誤差があり、実際の心拍数とは異なる場合があります。
  • センサーの読み取り精度は、腕の動きや、テニスラケットを握る時のような筋肉の収縮に影響されます。
  • 心拍数が低いとセンサーが安定した読み取りをできないこともあります。 計測を始める前に軽くウォームアップすることをお勧めします。
  • 光学センサーは、タトゥーなどによって光が妨害されると、正確な読み取りができないことがあります。
  • 実際の心拍数の変化に素早く対応し、より正確な測定値を得るには、Suunto Smart Sensorなど胸に装着するタイプの心拍計を使用すると、 より高い精度と心拍変動を得ることができます。
  • 心拍数の測定値は、個々のユーザーの生理機能や年齢、またその他の要因によって左右されます。また個々の生理機能により、一部のユーザーでは正確かつ安定した心拍数の読み取りができない場合もあります。心拍計測値は、個人のアクティビティレベルによっても大きく左右され、


注意:
現時点での光学式心拍計測技術は、胸部での心拍計測ほどの精度や信頼性を持ちません。 実際の心拍数は、光学式心拍計測によって得られた数値と若干の誤差が生じる場合があります。