Share

光学式心拍計測について

光学式心拍計測技術とは、LEDランプを用いて手首の血流量を読み取る技術です。つまり、特定のアクティビティの記録や日常生活のライフログ管理において、チェストストラップ式の心拍センサーを使用することなく、心拍数データを確認することができます。 

光学式心拍計測技術に関する詳しい説明

SuuntoリストHRウォッチ光学式心拍計測技術はどのような仕組みですか?
Suunto Spartan Sport Wrist HRは、 高精度・高性能なウェアラブル生体識別センサー技術で業界トップクラスの米国バレンセル社によって開発された光学式心拍計測技術を採用しています。

時計の裏面(肌に接触する部分)に内蔵されている光学式心拍センサーが、ユーザーの手首にLEDを用いて光を照射し、血流によって反射される散乱光の量を測定します。この技術は、脈拍あるいは血液量(心拍出量)の変動などによって血液流量が動的に変化すると、その変化に応じて体内に浸透する光が予測可能な方法で反射(散乱)されるという事実に基づいています。

光学式心拍計測のメリットは?
光学式心拍計測(OHR)のメリットは、心拍ベルトや他のセンサーを別途装着する必要なく、心拍数を測定できるという利便性です。

光学式心拍計測の正確性および信頼性は?
光学式心拍計測技術は、ここ数年で飛躍的な進歩を遂げています。しかしながら、正確性および信頼性では、Suunto Smart Sensorなど、従来のチェストストラップ式心拍センサーによる心拍計測技術と同等のレベルにまでは及ばず、今後さらなる技術改良が必要であると言えます。現時点において、最も正確な光学式心拍計測技術を用いても、チェストストラップ式センサーによる測定データとの誤差は、90パーセントの確率で5パーセント以内に達するのが限界と言えます。

光学式心拍計測は、時計の動きに対して非常に敏感に反応するため、通常の時計よりも若干高めの位置に装着し、時計が不安定にならないようしっかりと固定する必要があります。測定値は、個々のユーザーの皮膚表面に近い血液循環の状態(血流量、血流速度、血液の構成など)によって異なります。

光学式心拍計測を使用する場合に注意すべき点は?
手首で心拍数を計測する方法は、ユーザーの腕から安定した心拍数を測定できるようなアクティビティに最も適しています。血流が安定しており、時計の裏面が常に肌に接触していることが条件となります。ランニング、サイクリング、毎日の日常的なアクティビティ(安静時の心拍計測を含む)などのアクティビティに向いています。

一方、腕を不規則に動かすようなアクティビティや、かなり高い運動強度を要するインターバルトレーニング、クロスフィット、ラケットスポーツなど、かなり激しい運動では、デバイスによって測定される心拍数データの精度が落ちてしまう可能性があります。これは、血流量(血液流量、血流速度)と手や腕の動きが速すぎ、しかも安定しないことから、光学式心拍センサーによる正確な心拍数の測定が困難になるためです。しかしながら、休憩中や安静時には、時計によって測定される心拍数データの精度が通常レベルに戻ります。

また、水中では水が時計の下を通ることから、時計に内蔵された光学式センサーでは正確な心拍数測定することが難しく、スイミング中の光学式心拍計測は不向きと言えます。

 Suunto Spartan Sport Wrist HRシリーズの製品ラインナップ

手首での光学式心計測で最適な結果を得るための注意点とは?

手首での光学式心拍計測は、簡単で便利な計測方法です。最適な結果を得るためには、心拍計測に影響する下記の事柄にご注意ください。 

  • 時計は直接肌に装着してください。どんなに薄くてもこの時計のセンサーと肌との間に衣類がないようにしてください。
  • 普段よりも高めの位置に時計を装着してください。センサーは生体組織を通じて血流を読み取ります。より多くの生体組織からデータを読み取ることで、より正確な結果を得ることができます。
  • テニスラケットを握るときのように腕を動かしたり、筋肉を屈曲させると、このセンサーの読み取り精度が変わる可能性があります。
  • 心拍数が低いと、このセンサーは安定した読み取りを実現できないことがあります。計測を始める前に軽くウォームアップすることをお勧めします。
  • スイミングなどの水中でのスポーツアクティビティでは、光学センサーにより測定された心拍数には若干の誤差があり、実際の心拍数とは異なります。
  • 地肌の色が濃い場合や、タトゥー(刺青)があると光学センサーからの光が遮断され、正確な測定が難しくなることがあります。
  • 最高の精度と心拍数の変化に対して最速の応答速度を実現するには、例えば Suunto Smart Sensor 等、チェストストラップの心拍センサーをお使いください。自転車のハンドルバーに時計をマウントして使用する場合、あるいは袖の上から時計を装着する場合、心拍数を正確に測定するには心拍ベルトを使用するようにしてください。