Share
2012年9月27日

「スント Ambit」ソフトウェア無料アップデートを9月28日(金)より配信開始

〜時計画面上にルートを表示し現在位置が確認できる機能や、時刻自動補正機能などを追加〜

【ご参考資料】
アメア スポーツ ジャパン株式会社(本社:東京都中野区中央/代表取締役社長:鳥居恵一郎)スント事業部は、位置情報取得機能をもつスポーツウォッチ「スント アンビット」に使用されているOS(基本ソフト)に対して、機能の充実を目的としたアップデートを実施し、本年9月28日(金)より無料ダウンロードサービスを開始いたします。

GPS(全地球測位システム)信号により位置情報を取得することで、移動の軌跡や速度、距離などを計測する「スント アンビット」は、登山やランニングなどを行う際に役立つ高精度のスポーツウォッチです。スントが得意とするアウトドア機能(高度計、気圧計、電子コンパス)に加え、トレーニング時に役立つ心拍数計測機能も備わり、本年4月の発売後、わずか3ヶ月で2012年の目標販売台数を上回った、スントのトップモデルです。

Suunto Ambit 1.8. software update「スント アンビット」はカーナビゲーションなどに使用されている高精度のGPS計測チップを搭載し、データ記録用メモリや駆動用リチウムイオンバッテリーなどが装備され、OSによって駆動します。スマートフォンと同様に機能の充実や使い勝手の向上を目的としたソフトウェアのアップデートが可能で、スントが運営する無料のスポーツコミュニティサイト「Movescount.com(下部リンクご参照)」より時計本体に付属しているUSB接続ケーブルを介してユーザー自身による更新が可能です。
今回実施されるソフトウェア無料アップグレードには、新たに以下の機能が追加されます。

■GPS信号による時刻自動補正機能を追加
GPS信号が取得可能な環境であれば、±7.5分の範囲で標準時に補正します。1日に1回、自動的に補正作業が行われ、常に正確な時刻を表示します。

■登録ルートを時計画面に表示し、移動中の現在位置を示す「ルートナビゲーション機能」を追加
PCであらかじめ登録したルートが時計画面上に表示され、さらに移動中の現在位置もリアルタイムで表示される機能が加わります。これにより、たとえば登山中における体力のペース配分などに役立ちます。

■自身で設定したルートの公開&共有が可能
たとえば自身でみつけた景色の良いランニングコースを「Movescount.com」内に登録することが可能で、今回のアップデートにより、そのオリジナルルートを「Movescount.com」を介して公開することが可能になります。

「スント アンビット」は今後も性能の向上や使いやすさの向上を目的として、順次ソフトウェアのアップデートを実施する予定で、そのすべてを無料にてご提供いたします。
「スント アンビット」は、スントの最新モデルとして長きにわたってご活用いただくことが可能です。


【一般のお客様からのお問合せ先】
スント カスタマーサービス  03-6831-2715


Suuntoについて

1936年、フィンランドのオリエンテーリング愛好家でエンジニアでもあったトーマス・ヴォホロネン(Tuomas Vohlonen)が液体封入式フィールドコンパスの大量生産方法を発明し、Suuntoが誕生しました。以来、スポーツウォッチ、ダイブコンピュータ、および世界中の冒険家やアスリートに愛用されるスポーツ機器の設計とイノベーションの最前線に立ってきました。世界で最も高い山の頂上から、世界で最も深い海底に至るまで、Suuntoは新たな領域を制覇するアウトドア愛好者たちを肉体的にも精神的にもサポートしています。

Suuntoの本社と工場はフィンランドのヴァンターにあります。全世界の従業員数400名以上、製品は100カ国以上で販売されています。Suuntoは数多くのスポーツブランドをグループ傘下にもつアメアスポーツコーポレーションのグループブランドであり、他にはサロモン、アークテリクス、アトミック、ウイルソン、プリコー、マヴィック、エンヴィなどがあります。

前へ
「スント Ambit」ソフトウェアVer.2.0無料アップデートを開始