Share
2015年9月29日

Suunto Ambit3 Peak Nepal Editionと一緒にネパール大震災復興支援活動にご協力ください

アンナプルナ (ヒマラヤ山脈) / Jennifer Sheppard (Getty Images)


Suunto Ambit3 Peak Nepal Editionはネパールでの被災者救済と復興活動への義援金として、売上の一部を国際赤十字に寄付いたします。

Suunto Ambit3 Peak Nepal EditionSuunto introduces the limited edition Suunto Ambit3 Peak Nepal Edition、 今年4月にネパールを襲った大地震の被災者救済と復興活動を支援Suuntoは、ネパールでの被災者救済と復興活動への義援金としてAMBIT3PEAK Nepal Editionの売上の一部を国際赤十字に寄付します。

モンスーンの到来を前に、さらなる援助が必要

2015年4月と5月に2度にわたりネパールを襲った地震により、17,000人以上の人々が負傷し、数多くの医療施設が全壊または一部損壊してしまいました。

「Suuntoにとって、ネパールでの被災者救済と復興活動を支援することは、山を愛する登山コミュニティにとってかけがえのない恵みを提供し続けてきた同地域への感謝の意を表するためです」とSuunto社長であるミッコ・モイラネンは説明します。「Suuntoは、アメアスポーツグループの一員として、地震発生直後に社内で寄付金を募りました。しかしながら、地震による被害があまりにも大きかったことから、私たちのお客様にも参加してもらえるような形で、当初の緊急支援活動を超えた長期的な救援活動を見据えた計画を考案しました」とモイラネンは付け加えます。

震災から5カ月経った現在、赤十字の優先事項は、モンスーンにより通行経路が断絶されてしまう前に、山間の僻地に住む人々に無事救援物資を届けることにあります。赤十字の見解では、大規模な需要と、移動が困難な地形、さらには冬の到来を前に大規模に及ぶ家屋の再建事業が急がれることから、大きな難問を抱えています。

長期的支援の必然性

SuuntoアンバサダーのKilian Jornet (キリアン・ジョルネ) は、4月にネパールで震災直後の支援活動に参加し、計り知れない被害に見舞われた被災地での復興再建活動に必要な医療支援、人道的支援および資金援助への必然性を目の当たりました。赤十字による長期的な復興支援活動は、被災者の生活再建支援を目標としています。また、救急医療チームの現地での継続的な活動を支援し、優先課題のひとつとして被災者への精神面での長期的な支援も提供しています。Ambit3 Peak Nepal Editionの救済支援キャンペーンを通じて、Suuntoはこの重要な任務を果たすために貢献できることを願っています。

Limited Editionは10月23日(金)より販売を開始いたします。

Ambit3 Peak Nepal Editionは、10月23日(金)より販売を開始いたします。Nepal Editionは、ヨーロッパ、米国およびアジア地域の一部のアウトドア専門店にてお買い求めいただけます。詳細については、www.suunto.com/ambit3peaknepaleditionをご覧ください。


Suuntoについて

1936年、フィンランドのオリエンテーリング愛好家でエンジニアでもあったトーマス・ヴォホロネン(Tuomas Vohlonen)が液体封入式フィールドコンパスの大量生産方法を発明し、Suuntoが誕生しました。以来、スポーツウォッチ、ダイブコンピュータ、および世界中の冒険家やアスリートに愛用されるスポーツ機器の設計とイノベーションの最前線に立ってきました。世界で最も高い山の頂上から、世界で最も深い海底に至るまで、Suuntoは新たな領域を制覇するアウトドア愛好者たちを肉体的にも精神的にもサポートしています。

Suuntoの本社と工場はフィンランドのヴァンターにあります。全世界の従業員数400名以上、製品は100カ国以上で販売されています。Suuntoは数多くのスポーツブランドをグループ傘下にもつアメアスポーツコーポレーションのグループブランドであり、他にはサロモン、アークテリクス、アトミック、ウイルソン、プリコー、マヴィック、エンヴィなどがあります。

前へ
SUUNTO初のワールドトラベラーズウォッチ、「SUUNTO KAILASH(スント カイラッシュ)」誕生
次へ
Suunto Ambit3と一緒にランニングパフォーマンスを向上、回復状況を追跡