Share
2016年5月19日

Suuntoの伝統的なデザインを継承するSuunto Traverse Sapphire Black

Sapphire Black の登場により、Suunto Traverseコレクションがさらに広がります。Suunto Traverse Sapphire Blackは、防弾ガラスにも使用されている傷のつきにくいサファイアクリスタルグラスを採用しています。サファイアクリスタルガラスがもつ美しさと耐久性がSuunto Traverseに与えられました。Suunto Traverse Sapphire Blackのボディには、信頼性に優れたアウトドア機能をはじめ、ナビゲーション機能も搭載されています。

Suunto Traverse Sapphire Black「Suuntoモデルでもっとも人気の高いオールブラックモデルとして登場しました。Suunto Core All BlackをはじめとするSuuntoのブラックカラーモデルはそのどれもが高い人気を誇っています。世界限定2,000台という限られた台数しか清算を予定していないSuunto Traverse Sapphire Blackは、日本向けに1,000台をご用意しました。この限定モデルは、サファイアクリスタルガラスを採用し、グラスファイバー複合素材のケースを採用することで、軽く、そして傷のつきにくいボディを獲得しました。大胆でありながらも存在すら気にならないシンプルなデザインを目指したんです。」とインダストリアルデザイナーのトーマス・レイヴォは説明します。

多才なアウトドア機能とGPS/GLONASSナビゲーション

Suunto Traverseは、ワンボタンの簡単操作が特徴です。しかもGPSとGLONASS衛星ナビげージョンシステムの両方をサポートしています。途中、高度や距離などの主な統計データをもとに進捗状況を追跡したり、ルート上の中間地点を保存したりできます。道に迷った時などに来た道を安全に、そして正確に戻ることが出来る機能「ブレッドクラムトラッキング」を備えています。

FusedAlti™が気圧高度計とGPSデータによる補正を組み合わせて高度、垂直速度および合計上昇を正確に測定します。急激な気圧変化を察知して天候があれる可能性を示唆する「ウェザーアラーム機能」は、バイブレーションにより通知することも可能です。音による周辺環境への影響を最小限にとどめることができます。Suunto Traverseのバックライトはフラッシュライトモードに切り替え可能で、必要なアイテムを探したり、暗闇で地図を確認するのにとても便利です。

Suunto Traverseシリーズの全モデルは米国国防総省の軍用規格(MIL STD 810G)に沿ってテストされ、設計から手作業による生産まですべてフィンランドで行っています。

Suunto Traverse Sapphire Blackは、6月3日(金)より、全国のスント正規販売店にて1,000台限定発売いたします。詳細については、www.suunto.com/traversecollectionをご覧ください。


Suuntoについて

1936年、フィンランドのオリエンテーリング愛好家でエンジニアでもあったトーマス・ヴォホロネン(Tuomas Vohlonen)が液体封入式フィールドコンパスの大量生産方法を発明し、Suuntoが誕生しました。以来、スポーツウォッチ、ダイブコンピュータ、および世界中の冒険家やアスリートに愛用されるスポーツ機器の設計とイノベーションの最前線に立ってきました。世界で最も高い山の頂上から、世界で最も深い海底に至るまで、Suuntoは新たな領域を制覇するアウトドア愛好者たちを肉体的にも精神的にもサポートしています。

Suuntoの本社と工場はフィンランドのヴァンターにあります。全世界の従業員数400名以上、製品は100カ国以上で販売されています。Suuntoは数多くのスポーツブランドをグループ傘下にもつアメアスポーツコーポレーションのグループブランドであり、他にはサロモン、アークテリクス、アトミック、ウイルソン、プリコー、マヴィック、エンヴィなどがあります。

前へ
Suunto Movescount.com renewal brings community powered progress
次へ
ネパール大震災から1年、いまだに続く復興支援活動