Share
2015年5月28日

Suunto EON Steelに新機能追加

Image:Petteri Viljakainen

ソフトウェアアップデートで、ガス残量の時間表示、CCRモード、リアルタイムのガス消費表示およびコンパスのベアリングロック機能の利用が可能になりました。

Suunto EON Steelは耐久性に優れているだけでなく、ダイバーのスキルレベルに合わせてカスタマイズすることができます。昨年秋のご案内と同様に、EON Steelソフトウェアはユーザーご自身による更新が可能です。今回のアップデートでは新機能が追加されています。

ガス残量の時間表示

新たにガス残量の時間表示が可能になり、ダイバーは現在のシリンダ圧と呼吸速度(ガス消費率)に基づいて計算された残りの潜水可能時間を推定することができます。

  リブリーザーモード

リブリーザーダイビングでは、クローズドサーキットリブリーザー(CCR)モードに切り替えるだけでSuunto EON Steelをバックアップ用のダイブコンピュータとして使用することができます。Suunto Fused™ RGBMとCCR機能を一緒に使用することで、さらに自信を持ってリブリーザーダイビングを楽しむことができます。

ガス消費

ダイブコンピュータとしては初めて、Suunto EON Steelはリアルタイムでガス消費量を計算します。ダイバーのスキルレベルが向上するにつれ、ダイバーの快適度がガス消費率に反映されます:ダイバーがもっとリラックスできるようになると、ガス消費量が減少します。

コンパスのベアリングロック機能

新たにコンパスのベアリングロック機能が追加され、水中での方位を確認して進行方向を維持することが容易になります。たとえば、ベアリングロック機能を使用してボートを離れる前にリーフまでの方角を設定しておくことができます。

無料のアップデートはSuunto DM5ソフトウェアからお手持ちのEON Steelにダウンロードすることができます。

Suunto EON Steelソフトウェアアップデート1.1に関する詳細情報はこちらから。


Suuntoについて

1936年、フィンランドのオリエンテーリング愛好家でエンジニアでもあったトーマス・ヴォホロネン(Tuomas Vohlonen)が液体封入式フィールドコンパスの大量生産方法を発明し、Suuntoが誕生しました。以来、スポーツウォッチ、ダイブコンピュータ、および世界中の冒険家やアスリートに愛用されるスポーツ機器の設計とイノベーションの最前線に立ってきました。世界で最も高い山の頂上から、世界で最も深い海底に至るまで、Suuntoは新たな領域を制覇するアウトドア愛好者たちを肉体的にも精神的にもサポートしています。

Suuntoの本社と工場はフィンランドのヴァンターにあります。全世界の従業員数400名以上、製品は100カ国以上で販売されています。Suuntoは数多くのスポーツブランドをグループ傘下にもつアメアスポーツコーポレーションのグループブランドであり、他にはサロモン、アークテリクス、アトミック、ウイルソン、プリコー、マヴィック、エンヴィなどがあります。

前へ
Suunto Ambit3と一緒にランニングパフォーマンスを向上、回復状況を追跡
次へ
Suunto Movescount App、Androidデバイス向けにオープンベータ版の提供開始