Share
2016年2月17日

Suunto EON Steelが2016 Tauchen AwardとDIVER Awardをダブル受賞

Suuntoは、Tauchen Awardを4年連続して受賞しました。Suunto EON Steelは、ドイツで刊行される雑誌の読者による投票の結果、最高のダイブコンピュータとして選ばれました。また、イギリスのDIVER Magazineの読者らはEON Steelを「Product of the Year」(年間最優秀製品)に選びました。

Suunto EON Steel SuuntoのDive Business Unit DirectorであるMika Holappaは次のように述べました。「これらの賞を受賞し、大変光栄です。Suuntoには、革新的なダイビング機器と優れた製品デザインの伝統があります。Suuntoに投票してくださった読者の皆さんに感謝いたします」

これらはSuunto EON Steelにとって最新の受賞となります。昨年は、デザインが評価され名誉あるiF Design Awardを受賞しています。

Suunto EON Steelは、高度なテクノロジーに鮮やかなカラースクリーンとカスタマイズ性を組み合わせることにより、ダイビングシーンで本当に知りたい情報を選択することができます。この使いやすいダイブコンピュータは、世界中の現役ダイバーとの密接な連携を通じて開発されました。フィンランドの旧オジャモ鉱山の洞窟などでの実地テストを重ねています。

フィンランドに本社を置くSuuntoは過去50年間にわたり、世界初のダイビングコンパスやダイブコンピュータの初期モデルなど、数多くの革新的なダイビング製品を開発してきました。過酷な環境に対応する製品の設計とフィールドテストを通じて信頼性の高い製品を作り上げることが、Suunto が 80 年にわたって受け継いできた伝統の中で最も重要なことなのです。すべてのSunntoダイブコンピュータはフィンランドで生産されています。

Tauchen awardの授賞式は1月29日にデュッセルドルフで開催され、DIVER Magazine Awardsの投票結果は2月13日に公表されました。


Suuntoについて

1936年、フィンランドのオリエンテーリング愛好家でエンジニアでもあったトーマス・ヴォホロネン(Tuomas Vohlonen)が液体封入式フィールドコンパスの大量生産方法を発明し、Suuntoが誕生しました。以来、スポーツウォッチ、ダイブコンピュータ、および世界中の冒険家やアスリートに愛用されるスポーツ機器の設計とイノベーションの最前線に立ってきました。世界で最も高い山の頂上から、世界で最も深い海底に至るまで、Suuntoは新たな領域を制覇するアウトドア愛好者たちを肉体的にも精神的にもサポートしています。

Suuntoの本社と工場はフィンランドのヴァンターにあります。全世界の従業員数400名以上、製品は100カ国以上で販売されています。Suuntoは数多くのスポーツブランドをグループ傘下にもつアメアスポーツコーポレーションのグループブランドであり、他にはサロモン、アークテリクス、アトミック、ウイルソン、プリコー、マヴィック、エンヴィなどがあります。

前へ
Suunto、セラミック素材を採用したプレミアムデジタルウォッチを発表
次へ
Suunto Kailashが権威ある「iFデザインアワード」を受賞