Share
2016年6月7日

トレーニングデータを管理・閲覧可能な無料のスポーツコミュニティサイト「Movescount.com」、 本日より新デザイン&新サービスでスタート

SUUNTOのスポーツウォッチで計測したデータを閲覧・分析できる「Movescount.com」は、既にのべ1億人以上が利用している無料のスポーツコミュニティサイトです。本日、そのデザインとユーザビリティを一新しました。リニューアルに伴い、新たなサービス「HEATMAP」を開始しました。

「Movescount.comはSUUNTO製品の重要な一部です。いまや、のべ1億人以上のトレーニングデータが蓄積されており、そのビッグデータは計り知れない可能性を持っています。私たちはこれらを活用したサービスをユーザーのみなさんに提供することで、同じ目的や目標をもつアスリートたちを強くサポートしながら、さらなるサービスを順次提供してまいります。」SUUNTO社のパフォーマンスビジネス部門デジタル担当のJanne Kallio(ヤンネ・カリオ)は語りました。「私たちはこのサービスをSUUNTOユーザーのみなさんと共に生み出しました。誰でも気軽に参加できるMovescount.comは彼らアスリートの知識と経験の宝庫です。参加してくれたみなさんに感謝したいです。」と付け加えました。

まったく新しいルートを発見。「HEATMAP」サービススタート

ある特定のゴールを設けてトレーニングを行う場合、あなたに最適な場所やルートを教えてくれる強力なサポートツールになる「HEATMAP」は、例え見知らぬ地であっても、その地を深く知るアスリートのデータを閲覧出来ることで、彼らと同様のトレーニング効果を効率よく得ることが出来るサービスです。1億を超えるトレーニングデータには、GPS信号を取得することで得られた移動軌跡データが含まれています。そのすべてを分析し、最適と思われるルートを地図上に示します。同じルートを通ったアスリートのデータが重なることで、色の濃さによって表現するサービスです。その地に住むアスリートが毎日トレーニングを行うランニングルートや、リゾート地へ出向いた際に海に潜ったスキューバダイビングのエリアなどが多彩な色で示され、色の濃い部分であればあるほど、数多くのアスリートが利用したエリアであることが一目でわかるシステムになっています。

Heatmap reveals popular running spots on the area.

見やすく、簡略化されたトレーニングデータ表示

記録したトレーニングデータを表示する「Movescount.com」はリニューアルされた新デザインにより、ユーザビリティが高められ、見やすく、理解しやすいデザインへと生まれ変わりました。さらに、トレーニングデータを分析することで体力が十分に回復するまでの正しい休息手法の提案や、次のステップへとパフォーマンスを向上させるためのトレーニングプログラムのアドバイスなど、今後も数多くのサービスが追加される予定となっています。なお「Movescount.com」と同様のサービスをスマートフォン用で利用できる無料アプリ「Movescount App」(iOS版、Android版)は、本年6月末までに順次アップデートしてまいります。


Suuntoについて

1936年、フィンランドのオリエンテーリング愛好家でエンジニアでもあったトーマス・ヴォホロネン(Tuomas Vohlonen)が液体封入式フィールドコンパスの大量生産方法を発明し、Suuntoが誕生しました。以来、スポーツウォッチ、ダイブコンピュータ、および世界中の冒険家やアスリートに愛用されるスポーツ機器の設計とイノベーションの最前線に立ってきました。世界で最も高い山の頂上から、世界で最も深い海底に至るまで、Suuntoは新たな領域を制覇するアウトドア愛好者たちを肉体的にも精神的にもサポートしています。

Suuntoの本社と工場はフィンランドのヴァンターにあります。全世界の従業員数400名以上、製品は100カ国以上で販売されています。Suuntoは数多くのスポーツブランドをグループ傘下にもつアメアスポーツコーポレーションのグループブランドであり、他にはサロモン、アークテリクス、アトミック、ウイルソン、プリコー、マヴィック、エンヴィなどがあります。

前へ
Suunto introduces its next generation multisport solution with a new family of GPS watches
次へ
Suuntoの伝統的なデザインを継承するSuunto Traverse Sapphire Black