2015年9月26日

ハイキングやトレッキング向けに、新しいGPS/GLONASSナビゲーションウォッチ登場

   Suuntoは本日、アウトドア愛好者向けに操作が簡単なGPSナビゲーション機能を搭載したアウトドアウォッチの新製品を発表しました。Suunto Traverseはモダンなフォルムの頑丈なボディに、従来のアウトドア機能に加えてさらに高性能なGPS/GLONASSナビゲーションを搭載しています。Suunto Movescountで最新の地形図にアクセスして簡単にルートプランニングが行えるようになり、ナビゲーション機能がさらに向上しています。

“「これまでアウトドアアドベンチャーといえば、主に過酷な探検や険しい登山を意味していました。男女を問わずアクティブにアウトドアを楽しむ新世代の台頭で、新しい体験や楽しさを追求するもっと身近なアドベンチャーに関心が移ってきています」と説明するのは、Suuntoのアウトドアビジネスラインマネージャーを務めるPetteri Hernelahti。”「Suunto Traverseの目的は、アウトドアを楽しむ人たちに自信を持ってアドベンチャーを体験してもらうことです。Suunto Traverseの開発では使いやすさにもっと重点を置きました。みなさんにもっとアドベンチャーを楽しんでもらえるよう、妨げとなる障壁や不安感を取り除きたいと考えています。」とさらに付け加えます。

汎用性に優れたナビゲーション機能と高精度な位置情報

Suunto Traverseは操作が簡単で、主な機能に素早くアクセスできます。このウォッチはGPSとGLONASSの両方の衛星ナビゲーションシステムに対応しており、どこにいても最適なナビゲーションを提供してくれます。途中、高度や距離などの主な統計データをもとに進捗状況を追跡したり、ルート上の中間地点を保存したりできます。新機能「ブレッドクラムトラッキング」により、移動中の経路が自動的に記録されるので、必要に応じて通過経路をたどりなおすことができます。

FusedAlti™が気圧高度計とGPSデータによる補正を組み合わせて高度、垂直速度および合計上昇を正確に測定します。ストームアラームなどの警告は時計本体が振動して通知されるので、音による周辺環境への影響を最小限にとどめています。Suunto Traverseのバックライトはフラッシュライトモードに切り替え可能で、必要なアイテムを探したり、暗闇で地図を確認するのにとても便利です。

毎日のアドベンチャーで活躍

Traverseは毎日の歩数や消費カロリーを測定するアクティビティ追跡機能を搭載しています。SUUNTO TRAVERSEはiOSおよびAndroidデバイス用の無料アプリ、Suunto Movescount Appに対応しているため、スマートフォンとの連動が可能です。着信やテキストメッセージおよびプッシュ通知などを時計本体画面で確認することができます。Movescount Appを使えば、その場で時計の設定を変更したり、記録したアクティビティをMovescountに転送したりできます。

新しいGPS/GLONASSアンテナ構造により滑らかなストリームラインのデザインを実現し、どんな手首にも快適にフィットします。ステンレススチール製ベゼルが、軽量の複合ケースに埋め込まれた時計画面をしっかりと保護します。3色のカラーオプションからお好みのカラーを選べます:ブラック、ホワイト、アンバー。すべてのSuunto Traverseウォッチはフィンランドで設計され、入念な検査を経て手作業により生産されています。

Suunto Traverseの詳細は後日プレスリリースにてご案内します。詳細については、www.suunto.com/traversecollectionをご覧ください。