Share
2016年9月30日

Suuntoとフィンエアー(フィンランド航空)は、アクティブなライフスタイルを推進するための活動に共に取り組んでいます。

Suuntoはこの度、フィンエアーのマイレージプログラム「フィンエアープラス」との長期的かつ戦略的なパートナーシップを提携し、健康的なライフスタイルを促進するためにオンラインサービスとウェアラブルデバイスを活用した画期的なキャンペーンの実施を発表しました。

このパートナーシップのもと、高機能スポーツウォッチ業界のリーディングカンパニーとして今年で創立80周年を迎えるSuuntoは、ウェアラブルテクノロジーを取り入れたスポーツトレーニングに興味を持ちながらも、これまで実際に試したことのない顧客層にリーチすることを目指しています。

「健康的でアクティブなライフスタイルへの関心は、年々高まりを見せています。フィンエアーでは健康維持のために重要なのは、フィジカルアクティビティを取り入れた健康的なライフスタイルだと考え、この度Suuntoとの提携により、これまでにはないユニークなアプローチで、アクティブなライフスタイルの提案を目指しています」と、Johanna Jäkälä(ブランド、マーケティング&&カスタマーロイヤルティ部門担当VP)はSuuntoとのキャンペーン発足にいたった経緯について語っています。

両社のパートナーシップによる新たな取り組みの第一弾として今年7月に発足した「Be Active」キャンペーンでは走った距離に応じて抽選でフィンエアープラスポイントを進呈しています。

あなたの走りを追跡して、フィンエアープラスポイントを獲得しよう

現在実施中の「Be Active」キャンペーンへの参加はとても簡単:Suunto GPSウォッチまたはSuunto Movescount Appを使用して、あなたのランニングアクティビティを記録し、Suunto Movescountのオンラインスポーツコミュニティに同期することによって、抽選でフィンエアープラスポイントを獲得できます。走った距離に応じてポイントが積算されるため、より多く走り、ランニングを楽しめば楽しむほど当選する可能性は高まります。キャンペーン期間中、合計1,000万フィンエアープラスポイントが進呈されます。

「Be Active」キャンペーンは全世界一斉で実施しており、毎月抽選で当選者が発表されます。獲得したポイントは、フィンエアーの特典航空券や搭乗クラスのアップグレードを含む各種サービスや商品の購入にご利用いただけます。キャンペーンは2016年10月31日まで実施しています。

今年7月のキャンペーン開始以降、すでに数千人もの参加者がポイント獲得を目指してランを楽しんでいます。現時点での参加者全体を合計した走行距離は、約270,000 km以上に達しています。約300,000フィンエアープラスポイントを獲得した最初の当選者は、長年の夢であった富士山の登山道でのトレイルランを実現するために、獲得ポイントを利用した日本旅行を計画中です。

ランナーやアクティブトラベラーに役立つ機能が満載

Suunto Movescountで利用可能なヒートマップは、Suunto Movescountメンバーがランニングやその他のスポーツで記録したトレーニングルートがマップ上に表示される画期的な新機能を備えています。ヒートマップを活用することで、休暇や出張で訪れる見知らぬ場所でもトレーニングに適したルートが簡単に見つかるだけでなく、新しい発見を楽しむことができます。お気に入りのトレーニングルートをダウンロードして、簡単にアクティビティを計画することができます。また、ランニングパフォーマンスやトレーニングの成果を記録して分析するツールなど、Suunto Movescountにはアクティブなアスリートのための多種多様な機能が用意されています。

休暇や出張でロンドン、ニューヨーク、上海、東京などの大都市を訪れるときは、人気のあるランニングスポットを簡単に見つけることができます。さらに、「Suunto Destination Run」と呼ばれるランニングイベントも開催されます。人気のスポットでグループランを楽しめるこのイベントは、ランナーたちにとって絶好の機会です。

フィンエアーではSuuntoとの協力体制のもとで、機内エンターテイメントシステムを通じて注目のランニングスポットを紹介していく予定です。ランニングルートの紹介は、2016年秋からフィンエアーの最新機材「エアバスA350」の機内エンターテイメントプログラムに導入されます。また、何百万もの世界各国の旅行者が視聴するフィンエアーの機内エンターテイメントプログラムのラインナップには、Suuntoが制作を担当するアドベンチャー専門チャンネルも登場します。

継続的なパートナーシップ体制

Suuntoとフィンエアーの長期的なパートナーシップは、新たなスポーツアクティビティの提案や製品テストなど今後さらに提携内容を拡大し、発展させていく予定です。

「アジアやヨーロッパから毎日数万人の旅行客が訪れるヘルシンキをハブ空港として世界各国の都市を結ぶフィンエアーとのパートナーシップを築くことができ、とても光栄です。確固としたパートナーシップのもと、Suunto Movescountのヒートマップを活用して世界各地の知られざる場所の発見やスポーツアクティビティを楽しむ健康的なライフスタイルの推進に取り組んでまいります」と、フィンエアーとのパートナーシップについてSuunto社長Mikko Moilanenは語っています。

「Be Active」キャンペーンは今からでも参加できます。フィンエアープラスメンバーシップとSuunto Movescountアカウントを連携してキャンペーンに参加するには、 こちらに記載されている操作手順に従ってください。

 

詳細に関するお問い合わせ

Suunto:
Anna de Torres(パートナーシップマネージャー)
+358 50 576 6015, Anna.de.Torres@suunto.com

フィンエアー:
Karolina Baszarkiewicz(開発マネージャー)
+358 40 506 7929, Karolina.Baszarkiewicz@finnair.com

「Be Active」キャンペーン第一回当選者発表
フィンエアープラスとSuunto協賛「Be Active」キャンペーンのウェブサイト
Suunto Movescount
フィンエアープラス

1936年の創立以来、Suuntoはスポーツウォッチ、ダイブコンピュータ、および世界中の冒険家やアスリートに愛用されるスポーツ機器の設計とイノベーションの最前線に立ってきました。世界最高峰の山々から世界最深の海にいたるまで、Suuntoは新たな領域を制覇するアウトドア愛好者たちを身体的および精神的にサポートしています。

フィンエアーは、ヘルシンキを拠点にアジア、ヨーロッパおよび北米大陸を結ぶフィンランドのフラッグシップ航空会社です。アジア地域の17都市と、ヨーロッパ圏内の60以上の都市に運航するフィンエアーの年間乗客数は1000万人を超えています。フィンエアーは世界をリードする航空会社が加盟するoneworldのアライアンスメンバーです。


Suuntoについて

1936年、フィンランドのオリエンテーリング愛好家でエンジニアでもあったトーマス・ヴォホロネン(Tuomas Vohlonen)が液体封入式フィールドコンパスの大量生産方法を発明し、Suuntoが誕生しました。以来、スポーツウォッチ、ダイブコンピュータ、および世界中の冒険家やアスリートに愛用されるスポーツ機器の設計とイノベーションの最前線に立ってきました。世界で最も高い山の頂上から、世界で最も深い海底に至るまで、Suuntoは新たな領域を制覇するアウトドア愛好者たちを肉体的にも精神的にもサポートしています。

Suuntoの本社と工場はフィンランドのヴァンターにあります。全世界の従業員数400名以上、製品は100カ国以上で販売されています。Suuntoは数多くのスポーツブランドをグループ傘下にもつアメアスポーツコーポレーションのグループブランドであり、他にはサロモン、アークテリクス、アトミック、ウイルソン、プリコー、マヴィック、エンヴィなどがあります。

前へ
グローバル市場向けにD4i Novoシリーズにカラフルな3モデルが新登場
次へ
フィンエアー協賛「Be Active」キャンペーン第1回当選者発表