Suunto EON Core ユーザーガイド

水面休息時間と飛行機搭乗禁止時間

水面休息時間と飛行機搭乗禁止時間

潜水後、Suunto EON Coreは前回の潜水からの水面急速時間と飛行機搭乗禁止推奨時間のカウントダウンを表示します。飛行禁止時間内の飛行または高地への移動は避けなければなりません。

Surf NoFly-Core

飛行禁止時間は最低12時間、または残留窒素が12時間以上の場合はそれと同等の時間になります。脱飽和時間が70分以内の場合、飛行禁止時間は表示されません。

潜水中に減圧が中止されSuunto EON Coreが永続的なエラーモードに入ると(Algorithm_lock参照)、飛行機搭乗禁止時間は常に48時間になります。同様に、ゲージモード(ボトムタイマー)で潜水が行われると、飛行禁止時間は48時間になります。

警告:

ダイブコンピュータが飛行禁止時間をカウントダウンしている間は、飛行機搭乗は避けてください。飛行前には必ずダイブコンピュータを起動し、飛行禁止の残り時間を確認してください。飛行禁止時間内の飛行機搭乗および高地への旅行は、減圧症のリスクを非常に高めます。レジャー・スクーバダイビング事故者に対する緊急医療援助システム(DAN)が発信する情報を参考にしてください。潜水後の飛行機搭乗において、減圧症を完全に防止することを保証できるルールは存在しません。