Suunto EON Steel ユーザーガイド – 1.6

混合ガス

ナイトロックスまたはトライミックスの潜水モードを選択した場合、減圧アルゴリズムのガスが正しく作動するよう設定する必要があります。ガスの設定は、 Gas(es) (ガス)で行えます。ナイトロックスモードでは、ガス中に酸素(O2%)のみが含まれます。トライミックスモードではヘリウム(He%)が使用可能で、また複数のガスを選ぶこともできます。

メモ:

ガスを分析後、結果の数値は全て小数点以下を切り捨ててEON Steelに入力してください。例えば分析したガスの酸素割合が31.8%の場合、酸素31%とします。これにより減圧計算がより安全なものになります。酸素計算(pO2、OTU、CNS%)に使用される酸素割合はO2% + 1と、これも控えめに保たれています。

警告:

このダイブコンピュータでは、酸素濃度の値として小数点以下を受け入れません。酸素割合の小数点以下の値を繰り上げないでください。分析値を繰り上げることにより窒素割合が過小評価され、減圧計算に誤った影響を与えます。

メモ:

ここではGas(es)(ガス)メニューに示されるガスを設定します。DM5でのダイブモードのカスタマイズをご参照ください。

複数ガスを使用できるトライミックスモードでGas(es)(ガス)メニューがどのように動作するのか理解することは重要です。下の例では、メニューに3種類のガスがあり、使用中のガスとしてtx18/45が選択されています。使用しているガスは1種類のみですが、減圧アルゴリズムはこれら3種類全てのガスを考慮して浮上時間(潜水中)を計算します。

使用するガスを選ぶ方法:

  1. Gas(es)(ガス)メニューで、中央ボタンを押しガスオプションを表示します。
  2. 上下ボタンでスクロールし選択をハイライトします。
  3. 中央ボタンを再度押して確定します。

menu gases

1種類のガスのみで潜水するときには、その1種類のガスのみがGas(es)(ガス)メニューに表示されていることを確認してください。実際に使用しないガスがメニューに表示されていると、Suunto EON Steelはリスト上のガス全てを使用することを予定し、潜水中にガスの切り替えを促します。

メモ:

CCRモードを選択している場合、混合ガスはオープンサーキットとクローズドサーキットに分けられます。リブリーザーダイビングをご参照ください。