Suunto Spartan Sport ユーザーガイド - 1.11

コンパス

Suunto Spartan Sport は、磁北を基準にして進行方向を確認できるデジタルコンパスを搭載しています。コンパスが水平ではなくても、傾斜補正機能により正確な測定が可能です。

ナビゲーション » コンパスのランチャーからコンパスにアクセスすることができます。

コンパスディスプレイには次の情報が表示されます。

  • 磁北を指す矢印
  • 基本方位
  • 度数表示
  • 時刻(ローカルタイム)またはバッテリーレベル:画面をタップすると表示が切り替わります。

Compass

右にスワイプするか、または中央ボタンを押してコンパスディスプレイを終了します。

コンパスディスプレイで画面を下から上にスワイプするか下ボタンを押すと、ショートカットのリストが開きます。これらのショートカットを使用すれば、現在地の位置情報(緯度/経度)を確認したり、ルートを選択してナビゲートするなど、さまざまなナビゲーション操作へ簡単にアクセスできます。

Compass shortcuts en

下へスワイプするか、上ボタンを押してショートカットのリストを終了します。

コンパス調整(キャリブレーション)

コンパスが調整されていない場合、コンパス表示に切り替えた際にコンパス調整を行うよう画面表示が現れます。

Calibrate compass Spartan

コンパスを再調整する場合、ナビゲーション » コンパスを較正するの設定から調整を再度開始することができます。

偏差設定

コンパスの正確な読み取りには、偏角値を正しく設定する必要があります。

紙の地図の北は真北を指しています。コンパスの北は磁北(地球の磁場が発生している地球上層部)を指しています。磁北は必ずしも真北を指しているとは限らないため、コンパスの偏角を設定する必要があります。磁北と真北の角度が、偏角となります。

ほとんどの地図には偏角値が記載されています。磁北は毎年少しずつ移動しています。最も正確な最新の偏角値は、インターネットを利用して入手することができます(例:www.magnetic-declination.com)。

ただし、オリエンテーリング用の地図は例外です。これらの地図は磁北を基準に作成されています。オリエンテーリング用の地図を使用する際にはコンパスの偏角値を0度に設定し、偏角補正機能をオフにしておく必要があります。

ナビゲーション » 磁針偏差の設定から偏角値を設定することができます。