Suunto Spartan Sport ユーザーガイド - 1.11

GPS 精度とバッテリー節約

GPS 精度とバッテリー節約

GPS 補正間隔によってトラッキング精度が決まります。補正間隔が短ければ短いほど、精度は向上します。エクササイズ記録時に、各 GPS 補正がログへ記録されます。

GPS 補正間隔はバッテリー駆動時間にも直接的な影響を与えます。GPS 精度を下げると、お使いのウォッチのバッテリー駆動時間を伸ばすことができます。

GPS 精度のオプションは次のとおりです。

  • Best:~ 補正間隔 1 秒未満(全電力)
  • Good:~ 補正間隔 1 秒未満(低電力)
  • OK:~ 補正間隔 60 秒未満(全電力)

Bestに設定した場合、お使いのウォッチは常時、全電力で GPS を使用します。全電力モードでは、GPS は干渉を排除し、最高水準の補正を行うことができます。これにより最高のトラッキング精度が得られますが、バッテリーを最大限使用してしまいます。

Goodにすることで、毎秒 GPS 補正を行うことができますが、GPS が常時全電力ではないため精度は劣ります。下に示す通り、補正中に GPS は短時間低電力モードに切り替わります。

GPS accuracy Good

これによりバッテリー駆動時間が伸びますが、高精度補正の検出や干渉の排除を行う時間が短くなります。そのため、トラッキング精度はBestに比べ劣ります。

問題がなければ、GPS 補正間隔を1分毎に減らします。これによりバッテリー駆動時間を大幅に伸ばしますが、トラッキング精度は減少します。

GPS accuracy OK

記録を開始せずにルートをナビゲートする場合、GPS 精度は自動的にBestに設定されます。