Suunto Spartan Sport ユーザーガイド – 1.9

インターバルトレーニング

インターバルトレーニング

インターバルワークアウトは、高い負荷の運動と緩めの運動を交互に繰り返すトレーニング方法です。効果的なトレーニング方法のひとつとして広く使用されています。Suunto Spartan Sport では、時計を操作して各スポーツモードのインターバルトレーニングを定義して、自分のトレーニングニーズに合わせてカスタマイズすることができます。

インターバルの設定を定義する場合、以下の 4 項目を設定することができます:

  • インターバル:オン/オフを切り替えるトグルボタンを操作して、インターバルトレーニングを有効にします。このトグルボタンをオンにすると、使用するスポーツモードにインターバルトレーニングのディスプレイが追加されます。
  • 反復:インターバルと回復時間を組み合わせたセットを繰り返し行う回数を設定します。
  • インターバル:高い負荷での運動(インターバル)を継続する長さを、距離または継続時間に基づいて設定します。
  • リカバリー(回復):インターバルの間に設ける回復時間の長さを、距離または継続時間に基づいて設定します。

距離に基づいてインターバルを行う場合、距離を測定可能なスポーツモードを使用する必要があります。距離の測定には、GPS によるトラッキング機能を使用するか、Foot POD または Bike POD を使用することができます。

メモ:

インターバルを使用している場合、ナビゲーションを有効にすることはできません。

インターバルトレーニングを行うには:

  1. エクササイズの記録を開始する前に、上へスワイプするか下ボタンを押してスポーツモードのオプションを開きます。
  2. インターバル までスクロールダウンし、設定をタップするか中央ボタンを押します。
  3. インターバルのトグルボタンをオンにし、上記の説明に従って設定を調整します。

    インターバルトレーニングの設定

  4. 上に向かってスクロールして再びスタートビューに戻り、通常通りにエクササイズを開始します。

  5. 左にスワイプするか中央ボタンを押してインターバルディスプレイまで移動し、インターバルトレーニングの開始準備ができたら上ボタンを押します。

    インターバルトレーニングの開始

  6. インターバルトトレーニングの全セットを完了しないで途中で終了したい場合は、中央ボタンを長押ししてスポーツモードのオプションを開き、インターバル のトグルボタンをオフにします。

メモ:

時計画面にインターバルディスプレイが表示されている場合でも、通常のボタン操作を行うことができます。例えば、上ボタンを押すことで、インターバルトレーニングだけでなく、エクササイズの記録を一時停止することができます。

エクササイズの記録を停止後、使用していたスポーツモードのインターバルトレーニングが自動的にオフに切り替わります。ただし、その他の設定はそのまま保持され、次回同じスポーツモードを使用する際には、特別な操作なしでそのまま同じワークアウトを開始することができます。