Suunto Spartan Trainer Wrist HR ユーザーガイド - 1.10

おやすみモード

おやすみモード

おやすみモードは、トーンや振動によるすべてのアラートをミュートするための設定です。例えば、映画館や劇場などの静かな環境で周囲の人に迷惑かける心配がなく、時間だけを確認したい場合に使用できるとても便利なオプションです。

おやすみモードに設定していれば、長時間静止状態が続いても時計がハイバネーションモードに入ってしまうこともありません。デイリー HR (毎日の HR を参照) を使用する際にこの設定を有効にすることで、毎日 24 時間の心拍数を計測することができます。

おやすみモードを有効にするには:

  1. 時計の表示画面で、中央ボタンを長押ししてショートカットメニューを開きます。
  2. 中央ボタンを押しておやすみモードを有効にします。

このモードでいずれかのボタンを押すと、画面がオンになります。おやすみモードをオフにするには、時計画面がオンになっている状態で右上ボタンを押します。

アラームを設定している場合、通常どおりにアラームが鳴り、アラームのスヌーズ機能を使用して一時停止しないかぎり、おやすみモードがオフになります。