Suunto Spartan Trainer Wrist HR ユーザーガイド - 1.10

スポーツモード

スポーツモード

お使いの時計には様々な既定のスポーツモードが搭載されています。これらのモードは、屋外での散歩からトライアスロンレースまで、特定の活動と目的のために設計されています。

エクササイズを記録する際(エクササイズの記録を参照)、上下にスクロールしてスポーツモードのショートリストを表示することができます。ショートリストの最後にあるアイコンまで到達したら、中央ボタンを押すと完全なリストが表示され、すべてのスポーツモードを確認することができます。

各スポーツモードには特有の画面表示があります。お使いのウォッチ設定では、Suunto Movescount の各モードに関する詳細をご覧いただけます。Movescount からお使いのウォッチのモードリストを簡易表示することもできます。

スイミング

Suunto Spartan Trainer Wrist HR は、プールまたはオープンウォーターでのスイミングに使用することができます。

プールスイミングスポーツモードの使用時に、このウォッチはプールの長さに従って距離を判断します。スイミングの開始前に、必要に応じてスポーツモードオプションでプールの長さを変更できます。

オープンウォータースイミングでは、GPSに依存して距離を計算します。GPS信号は水中を通過しないため、自由形のストロークなどでウォッチを定期的に水から出し、GPSを修正する必要があります。

これらはGPSにとって難しい状況であるため、水に入る前に強力なGPS信号を取得する必要があります。GPSを良好に保つには:

  • スイミングを開始する前にウォッチをMovescountと同期して、最新の衛星軌道データでGPSを最適化します。
  • オープンウォータースイミングスポーツモードを選択し、GPS信号を取得した後で、泳ぎ始めるまで3分以上待ちます。これにより、GPSが強力な位置情報を確保できます。