Suunto Spartan Trainer Wrist HR ユーザーガイド - 1.10

時刻と日付

お使いのウォッチの初期スタートアップ時に時刻と日付を設定します。その後、GPS時刻を利用してすべてのオフセット補正を行います。

一般設定 » 時間/日付 の設定から時刻と日付を手動で調整することができます。ここでは時刻と日付の形式も変更できます。

メイン時刻に加え、旅行時など異なる位置での時刻をフォローするデュアルタイムを利用することができます。一般設定 » 時間/日付デュアルタイム をタップして、位置を選択してタイムゾーンを設定します。

アラームクロック

お使いのウォッチには目覚まし時計機能が付いています。1回のみ、あるいは特定の曜日を指定して繰り返しアラームが鳴るように設定することができます。目覚まし時計を有効にするには、一般設定 » 時間/日付 » アラーム の下にある設定を調整します。

アラームを設定するには:

  1. 最初にアラームが鳴る頻度を選択してください。オプションは以下のとおりです:

    • 1回のみ:24 時間以内にアラームを設定した時刻にアラームが 1 回鳴ります
    • 平日:月曜から金曜まで毎日同じ時刻にアラームが鳴ります
    • 毎日:毎日同じ時刻にアラームが鳴ります

    アラーム設定 ステップ 1 Trainer

  2. 時間および分を設定してから、設定を終了します。

    アラーム設定 ステップ 2 Trainer

アラームが鳴ったら、アラームを停止するか、スヌーズを選択することができます。スヌーズを選択すると、10分おきに10回まで繰り返しアラームが鳴ります。

アラーム 確認 スヌーズ Trainer

アラームが鳴ったまま30秒放置すると、自動的にスヌーズに切り替わります。