Suunto Wrist HRウォッチに採用されている光学式心拍計測技術の仕組みについて

Suunto Wrist HR(WHR)ウォッチは、Valencellが特許を取得した手首心拍計測用のPerformTekバイオメトリック測定技術を使用しています。

Valencellは、ウェアラブルなバイオメトリックデータセンサー技術の革新者のさきがけです。

光学式心拍計測技術とは、LEDランプを用いて手首の血流量を読み取る技術です。
つまり、特定のアクティビティの記録や日常生活のライフログ管理において、チェストストラップ式の心拍センサーを使用することなく、心拍数データを確認することができます。
ウォッチの裏面(肌に接触する部分)に内蔵されている光学式心拍センサーが、ユーザーの手首にLEDを用いて光を照射し、血流によって反射される散乱光の量を測定します。

この技術は、脈拍あるいは血液量(心拍出量)の変動などによって血液流量が動的に変化すると、その変化に応じて体内に浸透する光が予測可能な方法で反射(散乱)されるという事実に基づいています。

さらに詳しくは、手首での心拍数計測についてをご覧ください。

お使いのウォッチのユーザーガイドにも、手首での心拍数計測に関する使用上の注意などの役立つ情報が記載されています:


その他のサポート情報:

Suunto 3 Fitness
Suunto Spartan Trainer Wrist HR
Suunto Spartan Sport Wrist HR
Suunto Spartan Sport Wrist HR Baro