Suunto 3 Fitnessの睡眠分析機能について

Suunto 3 Fitnessは、2種類の睡眠データを記録・追跡します。

 

  • 睡眠時間
  • 睡眠の質と睡眠中の平均心拍数

 

睡眠時間は、手首の動きを感知する加速度センサーによって測定されます。睡眠時間として予め設定した時間帯と、その時間帯における体の動きに基づいて、ウォッチはあなたが眠っていると判断します。睡眠時間は、普段の最も早い就寝時間と、最も遅い起床時間をセットしておきます。 

 

睡眠の追跡を有効にする方法と睡眠時間の設定方法については、ユーザーガイドの記事「睡眠分析」を参照してください。

  


ウォッチは体の動きに基づいて眠りの質も記録します。睡眠中に体の動きが検知されないと、ウォッチはあなたが熟睡していると判断します。逆に睡眠中に体の動きが検知されると、覚醒していると判断します。睡眠のサマリーでは、熟睡時間と覚醒時間を確認することができます。


注意:睡眠時間はあくまでも推定で、その測定精度は睡眠中の体の動きによって左右されます。睡眠中の通常の体の動きには個人差があるため、測定精度は個人によって異なります。

 

睡眠の質は、睡眠中の身体の再生能力と復元能力を示唆する推定値です。この推定値は、睡眠時間と睡眠中の心拍数に基づいています。睡眠の質について詳しくは、ユーザーガイドの記事「睡眠分析」を参照してください。


注意:心拍数データは手首から計測されるため、ウォッチの装着方法によっては正確に計測されない、あるいはまったく計測されないことがあります。このような問題を防ぐためには、以下のヒントを参考にしてください。

 

  • ウォッチは直接肌に装着してください。どんなに薄くてもこの時計のセンサーと肌との間に衣類がないようにしてください。
  • ストラップをきつく締めすぎると、血流に影響するため、締めすぎないようにしてください。きつく締めすぎると生体組織への血流が減ってしまうため、心拍数が正確に計測されません。
  • 普段よりも高めの位置にウォッチを装着してください。センサーは生体組織を通じて血流を読み取ります。より多くの生体組織からデータを読み取ることで、より正確な結果を得られます。
  • センサーの読み取り精度は、腕の動きや、テニスラケットを握る時のような筋肉の収縮に影響されます。
  • 心拍数が低いと、このセンサーは安定した読み取りを実現できないことがあります。
  • 地肌の色が濃い場合や、タトゥー(刺青)があると光学センサーからの光が遮断され、正確な測定が難しくなることがあります。

 

手首からの心拍計測について詳しくは、ユーザーガイドの記事「光学式心拍計測技術」と次の記事を参照してください:光学式心拍計測について

 

その他のサポート情報:
Suunto 3 Fitness