Share

Suunto SpartanおよびMovescountに予定されている今後のアップデート

Suunto Spartanソリューションは、今年いっぱいと来年2017年にかけて定期的にリリースされるソフトウェアアップデートを通じてさらに機能が強化されます。「Spartan gets stronger(Spartanがさらにパワーアップ!)」アンケートを通じて寄せられたご意見、ご要望に基づき、SuuntoではSpartanソリューションの開発計画に変更を加えました。Spartanソリューションの基本コンセプトに盛り込まれていた機能を補い、ユーザーからのフィードバックに基づいて今後さらに製品の機能性を強化していきます。 USBケーブルを使って時計本体をお使いのコンピュータと接続時に、ソフトウェアアップデートが公開されている場合にはSuuntolinkアプリケーションが自動的に通知します。

11月30日リリースのアップデート:SUUNTO MOVESCOUNTにプログレスツールとパーソナルベストの新機能が追加

Suunto Movescount のプログレスツール機能
今回のアップデートでは、トレーニング成果が分かりやすく確認できるユニークなアプローチを採用しています。プログレスツールには7種類のスポーツで利用できる100種類以上のパフォーマンス指標が含まれており、長期にわたるトレーニング成果を確認することができます。

  • ランニング、サイクリング、マウンテンバイク、スイミング、オープンウォータースイミング、トレイルランニング、トライアスロンにおいて、トレーニング成果を確認できます。
  • 各スポーツに特化した4~20種類の指標を活用し、特定期間のトレーニング成果を管理・分析できます。
  • 例えば、サイクリングでは20分間のFTPテスト、ランニングでは毎週のロングランで測定した数値が指標ごとに自動分析されることで、簡単にトレーニングの成果を確認できます。
  • 心拍数をベースとした運動強度ごとに、トレーニング成果が表示されます。


Suunto Movescountでパーソナルベストを管理・分析
パーソナルベスト機能は、個々のパフォーマンスの評価・分析に役立つツールで、同じ年齢層のパフォーマンスと簡単に比較することができます。

  • ランニング、サイクリング、マウンテンバイク、スイミング、オープンウォータースイミング、トレイルランニング、トライアスロンで表示されます。
  • 同じ年齢層のパフォーマンスと比較して、レベルやパーセンテージ(ランキングなど)で表示されます。
  • パーソナルベストでは、年間もしくは現時点における総合自己ベストを表示できます。

近日リリース予定

Suunto Spartanでのトレーニング計画
トレーニング計画をSpartanウォッチに転送して成果を確認

各種測定値のグラフ表示
心拍数、速度、高度の表示画面を刷新

これまでにない新しい方法で、その他のスポーツサービスからSuunto Movescountへトレーニングデータをインポート
これまでにない新しい方法で、トレーニングデータをSuunto Movescountへインポート

アップデート中

スポーツモードのカスタマイズ
自分だけのカスタムスポーツモードを作成し、気になる数値だけを表示できます。

POIへのナビゲーション
ナビゲーション機能にポイントオブインタレスト(POI)を追加

Suunto Spartan Ultraに高度および気圧傾向を表示
高度の変動を追跡し、天候の変化を把握

Moveのオフライン同期
ネットワークに接続していなくても、オフライン同期により記録したデータをスマートフォンのMovescount Appに取り込んで保存することができます。Movescount Appに保存されたMoveは、スマートフォンがネットワークに接続された時点で自動的にMovescountに転送されます。

休息&回復
フィットネスとパフォーマンスを向上させる重要な要素のひとつは体力の回復です。エクササイズ(トレーニング負荷)による肉体的なストレスと休息(回復)のバランスを最適に保つことは、パフォーマンスを向上する上で重要な役割を果たします。

&ウォッチ本体とSuunto Movescountに記録される休息と回復に関する分析機能を活用することで、十分な回復時間を確保できているかどうか素早く簡単にチェックすることができます。

インターバルトレーニングへのサポート
ウォッチ本体でパフォーマンスおよび回復に関する分析情報を確認
ルートの高度プロファイルを確認できるナビゲーション機能
Suunto MovescountでのMoveの比較

11月10日リリースのアップデート:GPS機能の強化、心拍計測の安定性およびスポーツエクスペリエンスの向上

Spartan Ultra & Spartan Sportウォッチ向けファームウェアリリース1.4.6

改善点

  • GPS信号のフィルタリングの修正、一部のユーザーから報告のあったGPS追跡時における位置情報のずれを軽減。
  • Moveデータを圧縮することにより、時計本体のログブックで一度により多くのワークアウトを表示
  • 手首の振りをもとに測定されるランニングケイデンス(ピッチ)に見られていた計測値の突発的な上昇と下降を取り除き、データの質を改善。
  • ファームウェアの更新中に時計が自動的にリセットしていた問題を修正。

新機能

  • エクササイズ中に速度がゼロに近づくと自動的にアクティビティの記録を一時停止するオートポーズ機能。 この機能は、時計本体のエクササイズオプションまたはMovescount.comのスポーツモード設定に追加されます。
  • トレーニング負荷を分単位で表示できるようになり、さらに正確なトレーニング持続期間を把握できるようになります。
  • 新しいウィークサマリービューでは、デイリーアクティビティとして左側に歩数を表示

バグの修正

  • ワークアウト中の心拍計測の安定性を向上。この修正により、一部のユーザーから報告のあった、心拍数に上下変動が一切見られないという問題が解決されます。
  • Movescountとの同期後にコンパスの偏差設定が消失してしまう問題を修正。
  • 回復時間をさらに正確に計算。
  • Movescountのサマリーとは異なるスイミングの距離が表示される問題を修正。
  • トライアスロンのトランジションビューが表示されない問題を修正。
  • トライアスロンのサイクリング区間でサイクリングパワーが測定されない問題を修正。
  • トライアスロンのMoveで高度が水平線として表示される問題を修正。
  • 屋外スイミングで高度が表示されないよう修正中
  • ランニングモードでのナビゲーション中にクラッシュしていた問題を修正。
  • カウントダウンされるタイマーがゼロになると、ストップウォッチの画面にリセットボタンが表示されるようになります。
  • MoveタイプがMoveに保存されない問題を修正。

現在確認されている不具合について

  • マルチスポーツでインターバルを設定中は、画面をスクロールして再読み込みしない限りサイクリングパワーのUIでカラーが表示されない
  • 屋外スイミングで高度がいまだに表示される問題

11月3日リリースのアップデート:SUUNTO MOVESCOUNT.COMにコミュニティトレーニングインサイトを追加

コミュニティトレーニングインサイト
コミュニティトレーニングインサイトは、パフォーマンスを向上するために最も有効なトレーニング方法を見つけるために役立ちます。例えば、3時間以内でフルマラソンを完走するにはどうようなトレーニングを行う必要があるのか、またはハーフアイアンマンの完走タイムが5時間ならフルのアイアンマンを11時間以内に完走することはできるのかなど、Movescountのコミュニティからトレーニングのヒントを見つけることができます。

  • トレーニングインサイトは指定された目標に応じて表示されます。
  • ランニング、サイクリング、トライアスロン、マウンテンバイキング、トレイルランニングで、それぞれの目標を設定してトレーニングインサイトを確認できます。
  • トレーニングインサイトは数千ものトレーニングセッションをベースにしており、同じような目標へ向けて他のユーザーたちがどのようなトレーニングを行っているかを確認することができます。

目標レベルは距離に基づいて比較できます。例えば、3時間以内にフルマラソンの完走を目標に設定する場合、ハーフマラソンの完走タイムとして1時間24分が表示されます。

現時点ではオープンウォーターおよびプールでのスイミングに関するデータ

10月27日リリースのアップデート:ANDROID版SUUNTO MOVESCOUNT APP、SUUNTO SPARTAN ULTRAとSUUNTO SPARTAN SPORTもサポート

Android版Suunto Movescount AppでSuunto Spartan Ultra&とSuunto Spartan Sportウォッチもサポートされるようになりました。このアップデートにより、Bluetoothの機能性、アプリ内のナビゲーション、通知機能の信頼性が向上します。Google Playからアプリをダウンロードしてください。

Android版アプリは表内に記載されているAndroidデバイスで正常動作が確認されています。

10月12日リリースのアップデート:スポーツモード設定の修正

スポーツモードの設定が変更できるようになります。
今回のアップデートで、Suunto Spartan UltraおよびSuunto Spartan Sportウォッチで、既存のスポーツモードのデフォルト設定を変更できるようになります。これらの設定には以下のような内容が含まれます:GPS精度、オートラップ、接続済みPOD。

今回は、スポーツモードのカスタマイズ機能の第1弾です。今後予定されているアップデートでは、自分だけのカスタムスポーツモードを作成したり、データフィールドやディスプレイを自由自在にカスタマイズできるようになります。フルカスタマイズ機能は、年内にリリースされるソフトウェアアップデートでサポートされる予定です。

新しいスポーツモードの追加および既存するスポーツモードのアップデート
ユーザーからのフィードバックに基づいて、心拍計測なしのスイミングモードやパワーメーターを使用したトレイルランニングなどの新しいスポーツモードが追加されます。また、ランニングモードにケイデンス(ピッチ)を追加するなど、既存するスポーツモードにもいくつかのアップデートを行います。

スポーツモードのデフォルト設定は、Suunto Movescountのウォッチセクションで変更できます。

またAndroid版Suunto Movescount Appの開発およびSuunto Spartanウォッチとの互換性テストも最終段階に入っており、アプリの開発が完了し、互換性が確認され次第リリースいたします。

9月28日リリースのアップデート:デイリーユースに便利な基本機能およびトレーニング機能、Movescountでのピアツーピアコーチング機能の強化

Suunto Spartan UltraおよびSuunto Spartan Sportウォッチに追加された新機能

アラームクロック
アラームクロックの設定機能(1回のみ、毎日、あるいは平日のみなど)

トレーニング中のバッテリー残量の表示
液晶画面をタップすることで、トレーニング中でも簡単にバッテリー残量を確認することができます。時刻とバッテリー充電レベルの両方をポップアップ表示

トレーニングフィーリングを記録することで、過度なトレーニングを防止
トレーニングを保存後、トレーニングのフィーリングを記録することができます。トレーニングのフィーリング傾向を追うことで、過度のトレーニングを防止することができます。長期間のトレーニングのフィーリング傾向は、Movescount上で確認できます。

不要なログの削除
誤って記録してしまったログやMovescountと同期する必要のないアクティビティの記録は、記録を停止後すぐにログを削除できます。あるいは、ログブック上に表示されたログを下までスクロールし、削除ボタンをタップすることで、ログを削除できます。

全文を表示
Suunto Movescount Appを使用し、Suunto Spartanとモバイルデバイスをペアリングすることで、時計本体にプッシュ通知を受信できます。ポップアップ通知をスワイプすることで全文が表示されます。

時計のフェイスカラーのカスタマイズ
フェイスデザインのカラーが選択できるようになり、お好みのスタイルにカスタマイズできます。

Bike Sensor キャリブレーション(補正機能)の搭載遅延
Bike Sensorのキャリブレーション(補正機能)への対応が遅れています。この機能は今後のアップデートで提供される予定です。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

さらに使いやすくなったナビゲーション機能とコーチングツール

Suunto Movescount のコーチングツール:

  • Movescountメンバーはコーチプロフィールを作成できます。
  • コーチはサマリーを表示したり、分析ツールを使ってアスリートのトレーニングを監督することができます。
  • 新機能のウィークリープランナーツールを使用することで、コーチはアスリート向けのトレーニングプランを作成できます。
  • コーチは個々のアスリートとオンライン上でトレーニングに関するディスカッションを行うことができます。
  • アスリートアカウントはプライベート(あるいは公開)に設定でき、コーチだけがトレーニングデータにアクセスできるように設定できます。
  • Suunto Movescount の設定画面でコーチングプロフィールを設定できます。


さらに使いやすくなったSuunto Movescount のナビゲーション機能
年間/月間のトレーニングデータの閲覧やコミュニティコンテンツへのアクセスが簡単になりました。

このソフトウェアアップデートに関する詳細は、リリースノートの全文をご参照ください