8 3月 2013

「スント GPSトラックポッド」 2013年1月25日(金)発売

〜単体使用はもちろん、スントのトレーニング系スポーツウォッチとの連動も可能〜

アメア スポーツ ジャパン株式会社(本社:東京都中野区中央/代表取締役社長:鳥居恵一郎)スント事業部は、位置情報取得機能をもち、移動中の軌跡や速度、距離を計測し、無料のスポーツコミュニティサイトで記録データを閲覧、管理できるアクセサリー「スントGPSトラックポッド」を、2013年1月25日(金)より全国のアウトドアショップ、時計店、スポーツショップなどのスント正規販売店にて発売いたします。

Suunto GPS Track PODGPS(全地球測位システム)信号により位置情報を取得することで、移動の軌跡や速度、距離などを計測する「スントGPSトラックポッド」は、登山やランニングなどを行う際に役立つ計測アイテムです。カーナビゲーションなどに使用されているGPS計測チップを搭載し、リチウムイオンバッテリーで駆動します。わずか35gの本体はバックパックに装着したり、アウターウェアのポケットにしまうなどして使用します(※1)。最大100時間(※2)の記録が可能で、ボタンを一回押すだけの非常に簡単な操作ですので、どなたでもご利用いただけます。

記録したデータはスントが運営する無料のスポーツコミュニティサイト「Movescount.com」へデータアップロードすることで管理できます。Facebookやtwitterとも連動しているため、知り合いに記録データを公開することでさらなるコミュニケーションの広がりが期待できます。

さらに「スントGPSトラックポッド」は、スントのレーニングモデル「スントクエスト」「スントM5」「スントtシリーズ」と連動するため、移動時の速度や距離を「スントGPSトラックポッド」で計測し、時計画面にリアルタイム表示できるだけでなく、記録した軌跡などを「Movescount.com」上でトレーニングモデルの記録データと同期させることも可能です。

※1…収納するウェアポケットの生地素材などによってはGPS信号の取得を妨げる場合があります。
※2…GPS信号の取得頻度を60秒毎に設定した場合。頻度を1秒毎に設定した場合は最大15時間の記録が可能です。
※3…外周のリングは取り外しが可能で、リングを外した場合のサイズは縦55×横35×厚18mmです。

【Movescount.comとは?】
新製品「スントGPSトラックポッド」を使用して、記録したデータを管理することができる、無料のスポーツコミュニティサイト。Facebookやtwitterと連動させてトレーニングデータなどを友人や知り合いに公開することも可能です。


【一般のお客様からのお問い合わせ先】
スント カスタマーサービス TEL:03-6831-2715


スントについて

スントは1936年に、フィンランド人のオリエンテーリング競技者で液体充てんフィールドコンパスの発明者のトーマス・ヴォホロネン(Tuomas Vohlonen)によって設立されました。 それ以来スントは、世界中の冒険を追い求める人々に使用される、ダイブコンピュータ、機器、スポーツウォッチのデザインと革新において先頭に立っています。最も高い山から最も深い海まで、スントは物理的そして精神的に、アウトドア探検家に新しい領域を征服するための装備を身に着けさせます。

スントの本社と生産工場は、フィンランドのヴァンターにあります。世界中に400人の従業員がおり、スント製品は100を超える国で販売されています。スント社は、姉妹ブランドとして Salomon、Arc'teryx、Atomic、Wilson、Precor、Mavicを持つアメア スポーツ コーポレーションの系列会社です。

Previous
「スント Vectorターコイズ」2012年2月10日(金)発売
Next
「スント Ambit」ソフトウェアVer.2.0無料アップデートを開始