TutorialTuesday

Suunto Spartanのスポーツモードをカスタマイズする方法

TutorialTuesday

Suunto Spartanのスポーツモードをカスタマイズする方法

2017年8月2日

ウォッチ本体に約80種類のスポーツモードがプリインストールされているSuunto Spartanマルチスポーツウォッチは、ありとあらゆるアクティビティで活躍します。自分だけのカスタムスポーツモードの作成も可能なので、自分にとって最も重要なメトリクスを確認することができます。

あらゆるSuunto Movescountアクティビティのために新しいスポーツモードを作成できます。作成できるスポーツモードは1つだけではありません。各アクティビティに対して複数のスポーツモードを作成できます。インターバルワークアウトやロングランなどで異なるメトリクスを確認したい場合に便利です。 

スポーツモードを作成する前に、お使いのウォッチに最新のソフトウェアがインストールされていることを確認してください。USBケーブルを使ってお手持ちのコンピュータに接続します。SuuntoLinkからアップデート(公開されている場合)をインストールするように求められます。最適な環境でご利用いただけるよう、お使いのSpartanウォッチで常に最新のソフトウェアを使用していることを確認してください。

Suunto Spartanのアップデート方法(Suunto Spartan Ultra、Spartan Sport、Spartan Wrist HR 、Spartan Trainerにも同じ操作手順が適用されます) 

カスタムスポーツモードの作成 

カスタムスポーツモードを作成するには、movescount.comでアカウントにアクセスし、「マイウォッチ 」をクリックします。お使いのSpartanを選択したら、「スポーツモード」の下にある「新しいスポーツモードを作成」をクリックします。

カスタマイズされた新しいスポーツモードにはそれぞれ名前を付けて識別することができます。同期させると、エクササイズ開始時にウォッチ本体に保存されているスポーツモードの「ショートリスト」に表示されます。

メトリクスとスポーツモード設定を選択


カスタムスポーツモードでは、ディスプレイに表示するデータフィールド数を調整してレイアウトを変更できるだけでなく、ラップテーブルやインターバルディスプレイを追加できます。GPSを使用して記録するスポーツモードの場合、エクササイズ中に追加のディスプレイとしてナビゲーションディスプレイを利用することもできます。

30を超える豊富な変数のリストから、希望する変数をカスタムディスプレイに追加して使用することができます。 

スポーツモード設定もカスタマイズ


ディスプレイの表示内容の他にも、GPS精度、インターバルの記録、オートラップ、オートポーズ、PODの検索などの設定を編集することができます。

カスタムスポーツモードを作成し終えたら、Movescountとお使いのウォッチを同期します。ウォッチがすでにコンピュータに接続されている場合は、いったんUSBケーブルを外してから再接続し、同期を有効にして最新の変更を適用します。

 

続きを読む

SUUNTO SPARTANをご使用になる前に 

SUUNTO MOVESCOUNTを使用してトレーニング効果を追跡する方法  

 

 

TutorialTuesday