TutorialTuesday

ウィークリープランナー機能を使ったワークアウトの計画方法

TutorialTuesday

ウィークリープランナー機能を使ったワークアウトの計画方法

2017年8月2日

ウィークリープランナーは、計画に沿ってトレーニングを実施するために役立ちます。 

ウィークリープランニングツールでは、各トレーニングセッションのアクティビティ、継続時間、距離、ワークアウトタイプ(ロングベース、インターバル、回復など)などを週ごとにまとめて表示することで、さらに効果的なトレーニングプランを構築することができます。あらゆるアクティビティをトレーニングプランに含めることができるため、ストレッチまたはウォーキングなどのみを行う休息日を戦略的に取り入れることができます。 

「Moveを計画」を選択

「Moveを計画」を選択

Movescountアカウントのいずれかのページ上部にあるブルーの「+」記号をクリックし、「Moveを計画」を選択します。すると、現在のトレーニングウィークへ移動します。

Move計画の追加

Move計画の追加

ウィークリープランを編成して、次の目標達成(ハーフマラソン初完走あるいは次のトライアスロンで自己ベスト更新など)に向けた包括的なトレーニング計画を構築することができます。プロフィールページにあるMoveタブの下で、計画済みのMove(グレーで表示)を確認し、マウスカーソルを合わせてその詳細を確認できます。Move計画の1つをクリックすると週表示に戻り、必要に応じてMoveの詳細を編集できます。

Suunto Ambit3およびSuunto Spartanマルチスポーツウォッチでは、Moveslink2/SuuntoLinkあるいはSuunto Movescount Appを使って接続すると、計画済みのMoveがお使いのウォッチに同期されます。Move計画の開始時間になると、ウォッチから直接セッションを開始できます。計画どおりにトレーニングを実施するには、時にはリマインダーが必要になるかもしれません。

Move計画は、Suunto Ambit2およびSuunto Questでも使用できます。 

 

続きを読む:

Movescountのコーチングツールの使い方 

Movescountのヒートマップとルートを最大限に活用する方法

TutorialTuesday