TutorialTuesday

Suunto Movescountに他のスポーツサービスからトレーニングデータをインポートする方法

TutorialTuesday

Suunto Movescountに他のスポーツサービスからトレーニングデータをインポートする方法

2017年8月2日

他のスポーツサービス内に保存されているトレーニングデータをSuunto Movescountへインポートしますか?これら3つのサードパーティーサービスを使用してトレーニングデータをインポートできます。

FitnessSyncer 

FitnessSyncer

FitnessSyncerでは、ヘルスケアデータおよびフィットネスデータを40以上の異なるデバイスやアプリと同期できます。他のアプリ、トラッカー、デバイスからのヘルスケアデータおよびフィットネスデータを、Suunto Movescountへシームレスに移動できます。

FitnessSyncerを使用して同期するには、まずfitnessyncer.comでアカウントを作成し、アカウントページでデータソースを追加し、アカウント設定で同期先としてSuunto Movescountを追加します。

FitnessSyncerについての詳細


 

RunGap

RunGap

RunGapは、iOS向けのワークアウトデータ管理ツールです。iPhoneまたはiPadで利用可能なSuunto Movescount、Garmin Connect、Endomondo、RunKeeper、Strava、Runtastic、 Polar、Adidas、Magellan、Nike+などの他のサービスから、完全なトレーニング履歴を取り込みます。

RunGapの優れた点は、Suunto Movescountとすべてのトレーニングデータを一括同期する機能も備えている点です。RunGapでSuunto Movescountを使用する方法の説明はこちらでご覧いただけます。

RunGapについての詳細


 

MX Activity Mover 

MX Activity Mover

MX Activity Moverでは、Garmin ConnectまたはPolar Personaltrainerから直接Suunto Movescountへトレーニングログを転送できます。データは、ユーザーのIDごとに(GarminおよびPolar)あるいはファイルアップロード(Garmin)により単一のアクティビティとして直接転送できます。MX Activity Moverの完全バージョンを購入すると、複数のアクティビティを一度にまとめてアップロードできます。アクティビティの時間範囲を選択して転送(送受信)できます。

MX Activity Moverの追加機能により、転送されたMoveの説明フィールドにオリジナルのGarmin Connect または Polar Personaltrainerアクティビティのリンクを含めることができます。 

 MX Activity Moverについての詳細

 

TutorialTuesday