SUUNTO AMBIT2 S ソフトウェアアップグレード 1.5

Suunto Ambit2 S のソフトウェア最新バージョン1.5は、2013年8月29日以降 Movescount.com より入手いただけます。主な新機能および改善された機能には、新パワーセービングオプションやトラックバック機能があります。

新パワーセービングオプション:
新パワーセービングオプションが追加されて、GPS使用時の電池寿命が向上しました。Movescount では、ご自分のスポーツモードをカスタマイズする場合、 GPS 精度をOK (60秒以内固定)、 Good (5秒以内固定) 、 Best (1秒以内固定)から選択できます。新設定の Good では、GPSは距離や移動軌跡の精度をほとんど損なうことなく12時間稼働します。

GPS 精度設定は、ギア > カスタマイゼーション > スポーツモード(サイクリング等) > 編集> 表示アドバンス設定内にあります。

トラックバック:
新トラックバック機能を利用して、ご自分のエクササイズ経路を表示させることができます。ナビゲーションオプションでは、エクササイズ中いつでも過去のエクササイズの追跡を開始できます。また、ナビゲーションメニューから直接ご自分のログブックの中のエクササイズを追跡することもできます。

累積上昇/下降:
GPS高度計を使用することにより、アンビット2 Sは、エクササイズ中の累積上昇高度と下降高度の表示ができるようになります。数値をできるだけ正確にするために、GPS精度は必ずBestに設定してください。

メモリ同期リマインダー:
ログブックのメモリのうち50%が Movescountに同期していない場合、 Ambit2 Sではエクササイズの後とログブック開始時にリマインダーが表示されます。リマインダーは、同期されていないメモリの量(%)も表示します。

エクササイズ画面の自動スクロール:
カスタムスポーツモードでは、エクササイズ中に自動的にスクロールするように画面を設定できます。Movescount では、スクロールをオンやオフにしたり、スクロール速度を設定したりすることができます。エクササイズ中は、ご自分のMovescount 設定に影響を与えることなく、オプションメニュー内の自動スクロールを停止することができます。

マルチスポーツサマリー:
ご自分のログブックでは、マルチスポーツ、アドベンチャー・レース、またはトライアスロンの記録の合計とともに、個々のスポーツの記録を表示できます。

スイミング計測画面の改善:
水泳のスクリーンセーバーに代わり、泳いでいる間、ご自分でカスタマイズしたスイミング計測画面が見られるようになりました。下の段は実際に泳いでいる間、表示し続けます。

状況依存 Viewボタン:
新しいショートカットにアクセスするには、Viewボタンを異なるモードで押し続けます。コンパスモードを選択すると、コンパス設定に直接進みます。その他のモードでは、 Viewボタンを押し続けると画面が反転します。

屋外でのスイミングにおける精度の強化:
距離の測定やマップ表示の改善により、屋外のスイミングエクササイズ時の精度が向上しました。 

ソフトウェアアップグレード(Ambit2 とAmbit2 S対象)についてのご案内