Suuntoでは、当社のウェブサイトが「Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0」の適合レベルAAに準拠することを目標とし、WCAG 2.0と国際協調したその他の標準規格に準拠することで、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでいます。当ウェブサイト上の情報へのアクセスに問題がある場合など、アクセシビリティに関するお問い合わせは、カスタマーサービスまでご連絡ください。カスタマーサービス電話番号:米国 +1 855 258 0900(フリーダイヤル)

20,000円以上のお買い上げで送料無料 | 30日以内返品可能

Suunto Spartan Sport Wrist HR Baro ユーザーガイド - 1.12

バックライト

バックライトには、以下の 2 つのモードがあります自動モードとトグルモード「自動モード」の場合、画面をタッチするかボタンを押すとバックライトが点灯します。

「トグルモード」の場合、2 本指でタップすると点灯します。もう一度 2 本指でタップするとバックライトが消灯します。

初期設定では、バックライトは自動モードです。一般設定 » バックライトにある設定からバックライトモード並びにバックライトの輝度を変更できます。

メモ:

バックライトの輝度によってバッテリー駆動時間が左右されます。バックライトが明るければ明るいほど、バッテリーの消耗は早くなくなります。

スタンバイバックライト

画面をタッチせず、ボタン操作も行わずに時計をしばらく放置すると、1 分後にスタンバイモードに入ります。ディスプレイがオンになっていてもあまり明るくない環境では、画面の表示内容を読み取りにくいことがあります。

このような状況を解消するには、暗い場所でも読みやすいようにスタンバイバックライトを使用できます。スタンバイバックライトをオンにすると、低輝度のバックライトが常時点灯します。

一般設定 » バックライト » スタンバイ にある設定から、スタンバイバックライトのトグルをオン/オフを切り替えることができます。

スタンバイバックライトの輝度はかなり低めなのに、バックライトが常時点灯しているため、バッテリーの消耗が全体的になくなります。