Suuntoでは、当社のウェブサイトが「Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0」の適合レベルAAに準拠することを目標とし、WCAG 2.0と国際協調したその他の標準規格に準拠することで、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでいます。当ウェブサイト上の情報へのアクセスに問題がある場合など、アクセシビリティに関するお問い合わせは、カスタマーサービスまでご連絡ください。カスタマーサービス電話番号:米国 +1 855 258 0900(フリーダイヤル)

20,000円以上のお買い上げで送料無料 | 30日以内返品可能

Suunto Spartan Sport Wrist HR Baro ユーザーガイド - 1.12

  • おやすみモード

おやすみモード

おやすみモードは、トーンや振動によるすべてのアラートをミュートするための設定です。例えば、映画館や劇場などの静かな環境で周囲の人に迷惑かける心配がなく、時間だけを確認したい場合に使用できるとても便利なオプションです。

おやすみモードに設定していれば、長時間静止状態が続いても時計がハイバネーションモードに入ってしまうこともありません。デイリー HR (毎日の HR を参照) を使用する際にこの設定を有効にすることで、時計を着けたまま眠っている間の心拍数を計測することができます。

おやすみモードを有効にするには:

  1. 時計文字盤で、中央ボタンを押ししてショートカットメニューを開きます。
  2. 上へスワイプするか下ボタンを押して、おやすみモードまでスクロールします。
  3. 画面をタップするか中央ボタンを押して、選択項目を確定します。

Enter Do Not Disturb Spartan

このモードに設定している間、いずれかのボタンを押すと、バックライトが点灯して現在の時刻が表示されます。おやすみモードをオフにするには、時計画面がオンになっている状態で上ボタンを押します。

アラームを設定している場合、通常どおりにアラームが鳴り、アラームのスヌーズ機能を使用して一時停止しないかぎり、おやすみモードがオフになります。