Suuntoでは、当社のウェブサイトが「Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0」の適合レベルAAに準拠することを目標とし、WCAG 2.0と国際協調したその他の標準規格に準拠することで、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでいます。当ウェブサイト上の情報にアクセスできなくてお困りの場合など、アクセシビリティに関するお問い合わせは、カスタマーサービスまでご連絡ください。カスタマーサービス電話番号:米国 +1 855 258 0900(フリーダイヤル)

Suunto 3 Fitness ユーザーガイド

インスタント HR

インスタント HR

インスタント HR ディスプレイは心拍数データの簡易表示画面です。このディスプレイには現在の心拍数が表示されます。

SF3 Instant HR

インスタント HR を表示するには:

  1. 時計の文字盤が表示されている状態で、右下ボタンを押してインスタント HR ディスプレイが表示されるまでスクロールします。

  2. 左上ボタンを押してディスプレイを終了し、時計の文字盤に戻ります。

毎日のHR

毎日のHR ディスプレイは、12 時間単位の心拍数データを提供します。この情報は、激しいトレーニングを行った後の回復度を把握するために役立つ貴重なデータです。

このディスプレイは、直近 12 時間の心拍数データをグラフとして表示します。このグラフは、24 分間ごとの平均心拍数データをもとに生成されます。また、12 時間ごとの最低心拍数も確認することができます。

過去 12 時間の最低心拍数は、回復度を把握するために最も参考となる数値です。この数値が通常より高い場合、最後に行ったエクササイズからまだ完全に回復していない可能性があります。

SF3 HR 12h

エクササイズを記録する場合、毎日のHR に表示される値を確認することでトレーニングによる影響で心拍数が上昇していることがわかります。しかしながら、これらのグラフに示される心拍数はあくまでも平均値であることに留意してください。エクササイズ中の最大心拍数が 200 bpm の場合、グラフにはこの最大値が表示されず、代わりにこの最大心拍数に達した瞬間を含む 24 分間の平均値が表示されることになります。

毎日のHR グラフが表示されるようにするには、デイリー HR 機能が有効になっている必要があります。アクティビティ の下にある設定から、この機能のトグルボタンを操作してオン/オフを切り替えることができます。心拍数の表示画面で、中央ボタンを長押しするとアクティビティの設定にアクセスすることができます。

毎日のHR 機能がオンになっていると、ウォッチに内蔵されている光学式心拍センサーが定期的に心拍数を測定します。これによりバッテリー消費率が若干高くなります。

Daily HR setting Trainer

毎日のHR 機能を有効にするとウォッチが心拍数の測定を開始し、24 分後に最初の測定値が表示されます。

毎日のHR を表示するには:

  1. 時計の文字盤が表示されている状態で、右下ボタンを押してインスタント HR ディスプレイが表示されるまでスクロールします。
  2. 中央ボタンを押して、毎日のHR ディスプレイに切り替えます。

毎日のHR ディスプレイで右下ボタンを押すと、心拍数に基づいて算出された毎時間のエネルギー消費量が表示されます。