Suuntoでは、当社のウェブサイトが「Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0」の適合レベルAAに準拠することを目標とし、WCAG 2.0と国際協調したその他の標準規格に準拠することで、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでいます。当ウェブサイト上の情報へのアクセスに問題がある場合など、アクセシビリティに関するお問い合わせは、カスタマーサービスまでご連絡ください。カスタマーサービス電話番号:米国 +1 855 258 0900(フリーダイヤル)

Suunto 9 ユーザーガイド - 2.1

ルート

お使いの Suunto 9 を使用してルートをナビゲートすることができます。Suunto アプリでルートを計画し、次回の同期でお使いのウォッチにそのルートを転送します。

ルートナビゲーションを開始するには:

  1. 下へスワイプするか、上ボタンを押してランチャーを開きます。
  2. ナビゲーション までスクロールし、アイコンをタップするか中央ボタンを押します。

Navigation icon

  1. ルート までスクロールし、中央ボタンを押してルートのリストを開きます。

Routes list

  1. ナビゲートしたいルートまでスクロールし、中央ボタンを押します。
  2. 上ボタンを押してナビゲーションを開始します。
  3. 上ボタンをもう一度押すといつでもナビゲーションを停止できます。

画面をタップすると、マップ全体のビューと詳細なビューを切り替えて表示することができます。

Route overview

詳細なビューでは、画面をタップするか中央ボタンを長押しして、表示内容を拡大または縮小します。上ボタンと下ボタンを使ってズームレベルを調整します。

Route zoom

ナビゲーションディスプレイで画面を下から上にスワイプするか下ボタンを押すと、ショートカットのリストが開きます。これらのショートカットを使用すれば、現在地を保存したり、別のルートを選択してナビゲートするなど、さまざまなナビゲーション操作へ簡単にアクセスできます。

GPS を使用可能なすべてのスポーツモードにはルート選択オプションもあります。エクササイズ中のナビゲーション を参照してください。

ナビゲーションガイダンス

ルートをナビゲートすると、ルートに沿って進んで行きます。追加の通知を受け取り、正しいルートを維持することができます。

たとえば、ルートから 100m(330ft)以上離れると、ウォッチは正しい軌道に乗っていないことを通知し、ルートに戻ったことを知らせてくれます。

ルート上の POI のウェイポイントに達すると、次のウェイポイントまたは POI までの距離と予定時間(ETE)を示す情報ポップアップが表示されます。

メモ:

8の字のようにルートが交差する場合、交差点で間違った方向に進むと、意図的に別の方向に進んでいるとウォッチが判断します。ウォッチは現在の新しい移動方向に基づいて次のウェイポイントを表示します。したがって、複雑なルートをナビゲートしているときに適切な方向に進んでいることを確認するために、ご自身のブレッドクラムトレイルを確認してください。

目次