Suuntoでは、当社のウェブサイトが「Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0」の適合レベルAAに準拠することを目標とし、WCAG 2.0と国際協調したその他の標準規格に準拠することで、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでいます。当ウェブサイト上の情報へのアクセスに問題がある場合など、アクセシビリティに関するお問い合わせは、カスタマーサービスまでご連絡ください。カスタマーサービス電話番号:米国 +1 855 258 0900(フリーダイヤル)

20,000円以上購入で送料無料 | 最大65%OFF BLACK FRIDAY SALE 29(日)まで!

Suunto Ambit2 S ユーザーガイド - 2.0

Foot POD の使用

Foot POD を使用する場合、POD はエクササイズ中に GPS によって自動的に調整されます。ただし、ペアリング済みの Foot POD が特定のスポーツモードで有効になっている場合、常に Foot POD を使用して速度と距離が測定されます。

Foot POD の自動調整はデフォルトでオンになっています。ペアリング済みの Foot POD が特定のスポーツモードで有効になっている場合、そのスポーツモードのオプションメニューの下にある有効化でオフにすることができます。

メモ:

Foot POD とは、Suunto Foot POD Mini とその他の ANT+ foot POD の両方を指します。

速度と距離をより正確に測定するには、Foot PODを手動で調整することができます。正確に測定した距離、たとえば 400 メートルの陸上競技用トラックで調整を行います。

Suunto Ambit2 S と Foot POD を調整するには:

  1. シューズに Foot POD を取り付けます。詳細については、使用している Foot POD のユーザーガイドを参照してください。
  2. スタートメニューでスポーツモード(例:ランニング)を選択します。
  3. いつものペースで走り始めます。スタートラインを越えたら、Start Stop ボタンを押して記録を開始します。
  4. 800 ~ 1000 メートル(約 0.5 ~ 0.7マイル)をいつものペースで走ります(たとえば、400 メートルのトラック 2 周)。
  5. 走り終えたら、Start Stop ボタンを押して記録を一時停止します。
  6. Back Lap ボタンを押して記録を停止します。エクササイズを停止したら、Start Stop ボタンを押してログを保存します。ログを保存しない場合は、Light Lock ボタンを押します。 距離のサマリーに達するまで、Next ボタンでサマリービューをスクロールします。Start Stop ボタンと Light Lock ボタンを使って、ディスプレイに表示される距離を実際に走った距離に調整します。Next ボタンで確定します。
  7. Start Stop ボタンを押して POD の調整を確定します。これで Foot POD が調整されました。
メモ:

調整のためのエクササイズの途中で Foot POD との接続が不安定だった場合、距離のサマリーで距離を調整できないことがあります。指示に従って Foot POD が正しく取り付けられていることを確認してから、再試行してください。

Foot POD なしでランニングする場合でも、手首の動きに基づいてランニングケイデンスを測定できます。手首から測定するランニングケイデンスは、 FusedSpeed と組み合わせて使用する場合、ランニング、トレイルランニング、トレッドミル、オリエンテーリング、陸上競技を含む特定のスポーツモードでは常にオンになります。

運動開始時に Foot POD が検出されると、手首から測定したランニングケイデンスが Foot POD によって上書されます。

目次