Suuntoでは、当社のウェブサイトが「Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0」の適合レベルAAに準拠することを目標とし、WCAG 2.0と国際協調したその他の標準規格に準拠することで、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでいます。当ウェブサイト上の情報へのアクセスに問題がある場合など、アクセシビリティに関するお問い合わせは、カスタマーサービスまでご連絡ください。カスタマーサービス電話番号:米国 +1 855 258 0900(フリーダイヤル)

20,000円以上のお買い上げで送料無料 | 30日以内返品可能

Suunto EON Steel ユーザーガイド – 1.6

ディスプレイの状態と表示

ディスプレイの状態と表示

Suunto EON Steelには水面休息状態と潜水状態で以下の2つのメインビューがあります:時刻モード/ダイブモード、コンパスモード。このビューは中央ボタンを押すと変更できます。

ScreenNavigation

右下のフィールドには、最大深度、タンク圧、タイマーなど複数の情報が表示され、ダイビング中は減圧不要と停止も表示されます。下のボタンを押して、表示される情報を変更できます。

メモ:

メインビューはカスタマイズすることができます。DM5でのダイブモードのカスタマイズ を参照してください。

Suunto EON Steelは、水面上状態と潜水状態を自動的に切り替えます。水深1.2m(4ft)を超えると、ダイブモードが起動します。

タンク圧ディスプレイを使用時にSuunto EON Steelは次の項目を表示します:

TankPressView

  • 現在の深度:19.0m
  • 使用中のガス:ナイトロックス32%
  • ダイブタイム:22分
  • タンク圧:120bar
  • 減圧不要限界:50分
  • 安全停止:3.0m
  • 再充電が必要になるまでのダイブタイム: 21時間