Share
2015年11月17日

Suunto EON Steelに新機能追加

 ソフトウェアアップデート

ソフトウェアアップデートでSuunto EON Steelにダイブプランナー、ディスプレイを180度回転させるオプション機能、その他の改善点が追加されました。

Suunto EON Steel は、ダイビングスキルの向上にあわせてカスタマイズすることができます。頑丈で長持ちするダイブコンピュータなので、ソフトウェアアップデートにより随時新機能や改善点を追加して長年使用することができます。


   ダイブプランナー

簡単に次のダイビングを計画できるダイブプランナー機能が追加されました。ダイブプランナーは設定した深度と使用するガスをベースに、減圧不要限界の計算とガスタイム(呼吸可能時間)の情報を提供します。また、水面休息時間に基づいて直近のダイビングの残留窒素を考慮して反復潜水の計画が可能となりました。

フリップディスプレイ

ディスプレイを上下180° 回転表示することでボタンを本体の左右で操作が可能となりどちらの腕に装着しても使い易いように改善されました。

ディープストップ・安全停止の編集機能

EON Steelでディープストップと安全停止を調整できるようになりました。ディープストップのON/OFF切り替え、安全停止の時間を3分、4分、5分のいずれかで設定することが可能になりました。

   ICD警告

ガスメニューにICD(アイソバリック・カウンターディフュージョン)警告が追加され、トライミックスを使用するダイバーにICDの危険性を潜水前に警告します。

無料のアップデートはSuunto DM5ソフトウェアからお手持ちのEON Steelにダウンロードすることができます。

アップデートに関する詳細情報


Suuntoについて

1936年、フィンランドのオリエンテーリング愛好家でエンジニアでもあったトーマス・ヴォホロネン(Tuomas Vohlonen)が液体封入式フィールドコンパスの大量生産方法を発明し、Suuntoが誕生しました。以来、スポーツウォッチ、ダイブコンピュータ、および世界中の冒険家やアスリートに愛用されるスポーツ機器の設計とイノベーションの最前線に立ってきました。世界で最も高い山の頂上から、世界で最も深い海底に至るまで、Suuntoは新たな領域を制覇するアウトドア愛好者たちを肉体的にも精神的にもサポートしています。

Suuntoの本社と工場はフィンランドのヴァンターにあります。全世界の従業員数400名以上、製品は100カ国以上で販売されています。Suuntoは数多くのスポーツブランドをグループ傘下にもつアメアスポーツコーポレーションのグループブランドであり、他にはサロモン、アークテリクス、アトミック、ウイルソン、プリコー、マヴィック、エンヴィなどがあります。

前へ
Suunto、獲得高度を追跡できる、バーティカルスポーツに対応したGPSウォッチ、「Ambit3 Vertical」 を発表
次へ
ダイバーのための「Suunto D6i」ダイブコンピューターに新デザインが登場