Suunto EON Core ユーザーガイド

技術仕様

サイズと重量:

  • 長さ:80 mm / 3.15 インチ
  • 幅:55 mm / 2.17 インチ
  • 厚み:21 mm / 0.83 インチ
  • 重量:154 g / 5.43 oz

動作環境

  • 高度範囲:海抜0 ~3,000 m / 10,000 ft
  • 動作温度:0~40 °C / 32~104 °F
  • 保管温度:-20~+50 °C / -4~+122 °F
  • メンテナンスサイクル:500時間の潜水または2年間(いずれか早いほう)
メモ:

ダイブコンピュータを直射日光の当たる場所に放置しないでください。

深度計

  • 温度補正圧力センサー
  • 80 m(262 ft)までの精度(EN 13319規格)
  • 深度表示範囲:0~300 m(0~984 ft)
  • 解像度:0~100 mで0.1 m(0~328 ftで1 ft)

温度表示

  • 解像度:1°C / 1.5 °F
  • 表示範囲:-20 ~ +50℃
  • 精度:± 2℃(20分以内の温度変化)

混合ガスモードのディスプレイ

  • ヘリウム%:0~95
  • 酸素%:5~99
  • 酸素分圧表示:0.0~3.0 bar
  • CNS%:0~500%(1%単位での表示)
  • OTU:0~500

他の表示

  • ダイブタイム:0~999分
  • 水面休息時間:0~99時間59分
  • ダイブナンバー:0~99(反復潜水)
  • 減圧不要限界:0~99分(99分以降は「>99」)
  • 浮上時間:0~999分(999分以降は「- -」)
  • シーリング深度:3.0 ~150 m / 10 to 492 ft

カレンダークロック

  • 精度:± 25秒/月(常温20℃ / 68°Fを前提)
  • 12/24時間表示

コンパス

  • 精度:+/- 15°
  • 解像度:1°
  • 最大傾斜:45度
  • バランス:グローバル

タイマー

  • 精度:1秒
  • 表示範囲:0’00~99’59
  • 解像度:1秒

ログブック

  • サンプルレート10秒
  • メモリー容量:約200時間分の潜水

組織演算モデル

  • Suunto Fused™ RGBMアルゴリズム(スントとブルース R. ウィンケ博士(BSc、MSc、PhD)の共同開発)
  • 15の組織コンパートメント
  • 窒素の組織コンパートメント・ハーフタイム:1、2、5、10、20、40、80、120、160、240、320、400、480、560、720分。ガス溶解とガス解放のハーフタイムは同じです。
  • 組織コンパートメント・ハーフタイムは、ヘリウムのハーフタイムを得るための一定要因によって分配されます。
  • ダイビング習慣と潜水違反行為を基にした縮小勾配(変数)M値M値は潜水後最大100時間まで追跡されます。
  • 曝露計算(CNS%とOTU)は、R.W. Hamilton(PhD)の推奨と現在採用されている曝露時間限度テーブルと原理が基盤となっています。

バッテリー

  • 種類:充電式リチウムイオンバッテリー
  • バッテリー駆動時間:完全充電で16時間分の潜水

バッテリーの寿命は以下の条件により大きく差が出ることあります:

  • 本器の動作環境と保管状態(低温環境など)。10℃以下の環境では、通常20℃の環境下での予測寿命の50~75%まで低下します。
  • バッテリーの品質リチウムバッテリーのなかには、予想以上に早く消耗するものもありますが、これを事前に調べることはできません。
メモ:

低温またはバッテリー内部の酸化により、バッテリーに十分な容量が残っていてもバッテリー警告が表示されることがあります。この場合、通常はダイブモードを起動させると警告サインは消えます。

ラジオトランスレシーバー

  • Bluetooth® Smart 互換
  • 周波数帯域:2402~2480 MHz
  • 最大送信出力:<4 dBm
  • 範囲:~3 m / 9.8 ft

水中のラジオトランスレシーバー

  • 周波数帯域:シングルチャンネル123 kHz
  • 最大送信出力:360 mW
  • 範囲:1.5 m / 4.9 ft

製造元

Suunto Oy

Tammiston Kauppatie 7 A

FI-01510 Vantaa フィンランド