Suuntoでは、当社のウェブサイトが「Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0」の適合レベルAAに準拠することを目標とし、WCAG 2.0と国際協調したその他の標準規格に準拠することで、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでいます。当ウェブサイト上の情報へのアクセスに問題がある場合など、アクセシビリティに関するお問い合わせは、カスタマーサービスまでご連絡ください。カスタマーサービス電話番号:米国 +1 855 258 0900(フリーダイヤル)

20,000円以上のお買い上げで送料無料 | 30日以内返品可能

2018年11月15日

SuuntoとStravaの緊密なパートナーシップ

世界をリードするスポーツサービスと提携することにより、総合的なユーザーエクスペリエンスを提供したいと思います

Suuntoはアスリートのソーシャルネットワーク、Stravaとのパートナーシップを深めています。Stravaは、2014年以来、Suuntoにとって重要なパートナーです。現在、Stravaに接続するアスリートの数がこれまで以上に急増しています。当社は、未来のデジタルサービスである当社のSuunto AppとStravaの統合を決定しました。

すべてのSuuntoスポーツウォッチ、今、Stravaとの互換が可能に

Suunto Appは、Suunto 3 Fitnessの仲間として、2018年に登場しました。現在、新しい主力ウォッチ、Suunto 9、ならびにSuunto Spartanウォッチのデジタルソリューションとなっています。Suunto AppとStravaとの統合により、当社コミュニティがStravaと自動的にアクティビティを共有できるようになります。また、「Kudos!」、セグメント、Summit機能といったサービスをさらに利用することができます。その他のすべての接続されたSuuntoウォッチは、SuuntoのMovescountサービスを介してStravaと互換性を持つこともできます。   

「お客様ファースト」主義の一環として、当社では、業界をリードするすべてのスポーツサービスプロバイダと互換性を持ち、最高のソリューションと分析を、お客様に提供したいと考えています。Stravaとのパートナーシップは、Suuntoのデジタルエコシステムを成長させる重要な活動です。

共通の価値と商業的利益

SuuntoとStravaをご使用のお客様は、目標指向のトレーニングやスポーツ、特にランニングやサイクリングに向けて、同じ情熱を共有しています。共に、アクティビティを分析し測定するための最良のツールを提供し、同じような考えをもつお客様同士の使用体験を向上させることができます。SuuntoのすべてのウォッチとStravaとの互換性を提供することにより、消費者のニーズに応えます。

「消費者に最高のソリューションを提供したいと思っています。Suunto製品シリーズ全体との互換性を提供することは、接続されたエコシステムを成長させるための当社の重要なステップの1つです」とSuuntoのシニアプロダクトマネージャー、Janne Kallioは述べています。

「SuuntoはStravaの長年の重要なパートナーであり、Suuntoの存在は、
私たちのコミュニティで急速に拡大しました。すべてのSuuntoデバイスが、Suunto Appを通じてStravaに接続できるようになり、Strava体験をより多くのSuuntoアスリートができるようになったたことを嬉しく思っています。」とStravaの統合担当ディレクター、Mateo Ortgeaは述べています。

このコラボレーションは、大変価値のある商業的利益があります。Suunto Appを介して、新しいSuunto WatchとStravaを、初めて接続したお客様は、Strava Summit All Accessメンバーシップの60日間の無料トライアルを受けることができます。一方、Stravaは、Suuntoの利点をそのSummitメンバーに提供することになります。

Suuntoの成長するデジタルエコシステムの一環としてのコラボレーション

Stravaの統合は、Suuntoのデジタルエコシステム戦略の成長に重要な役割を果たします。「お客様ファースト」のアプローチの一環として、世界をリードするデジタルサービスと互換性を持ち、お客様にクラス最高のツールとソリューションの総合的な体験を提供したいと考えています。

さらに、すべてのデジタルサービスがSuuntoの魅力的なスポーツ愛好家とつながる機会を与えたいと考えています。目標は、新しい潜在的なパートナーのためにAPIを公開することにより、現在の200+以降の互換性のあるサービスの量を増やすことです。

新しい潜在的なパートナー対応のAPIを公開することにより、現在の200+から、さらに互換性サービスの量を増やすことを目標としています。

 

製品に関する詳細:
www.suunto.com/Strava
www.suunto.com/suuntoapp
www.strava.com