Suuntoでは、当社のウェブサイトが「Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0」の適合レベルAAに準拠することを目標とし、WCAG 2.0と国際協調したその他の標準規格に準拠することで、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでいます。当ウェブサイト上の情報へのアクセスに問題がある場合など、アクセシビリティに関するお問い合わせは、カスタマーサービスまでご連絡ください。カスタマーサービス電話番号:米国 +1 855 258 0900(フリーダイヤル)

20,000円以上購入で送料無料 | 夏季休業のお知らせ

Suuntoウォッチ、Suuntoデジタルサービス、およびStravaのトレーニングデータがそれぞれ異なる値を示しています。何故ですか?

標高情報(高度、上昇、下降)

ウォッチがGPSのみを使用して標高データを表示し、気圧計を搭載していない場合には、Stravaは標高を特定するためにGPSデータをStravaの標高レイヤーとベースマップレイヤーに相互参照を適用します。Stravaの標高レイヤーとベースマップレイヤーの標高情報は、あなたのSuuntoウォッチの標高データと異なる場合があります。この場合、Stravaは標高レイヤーとベースマップレイヤーの情報を使用します。これによりデータに差異が生じる場合があります。どのようにStravaがアクティビティの場所の標高を計算するかに関する詳細情報をご覧ください。

ウォッチに気圧高度計が内蔵されている場合、Stravaに表示される標高情報は、Suuntoデバイスが提供する元の標高データに基づいています。

 

持続時間

StravaとSuuntoは異なる時間の概念を用いているため、これがデータの違いの原因になることがあります。

Strava では、2つの継続値を提供します:

  • 移動時間:この継続値は、トレーニング中に移動している実際の時間が反映されています。この値はGPS情報または速度データ(水泳の場合)に基づいています。この値には、あなたが静止立位状態を維持する時間、運動を手動一時停止する時間、ウォッチで自動停止機能を使用した時間は含まれません。Stravaの移動時間の定義に関する詳細情報をご覧ください。

  • 経過時間:この継続値は、エクササイズの開始および停止間の合計時間が表示されます。この時間には、静止立位状態を維持する時間、ウォッチを手動一時停止に設定する時間も含まれます。


Suuntoでは、エクササイズの開始および停止間の継続時間のみを提供しています。エクササイズを手動で停止した時間は含まれません。

例:Suuntoウォッチで1時間水泳し、途中でプールサイドでの休憩を1分間10回休憩しています。
Stravaは移動時間50分(総時間60分から移動しなかった10分間を差し引いた時間)と経過時間1時間を表示します。
Suuntoは持続時間1時間を表示します。

追加例:あなたがウォッチで運動を20分休止する場合。
Stravaは移動時間50分、経過時間80分(総時間60分に停止時間20分を加算した時間)を表示します。
Suuntoは持続時間1時間を表示します。

注:Stravaの移動時間、平均速度、ペースは、GPSデータによる特定のエクササイズの基づいています。データの差異を最小限にし、Stravaが提供する全ての機能を使用するには、Suuntoウォッチで利用できる最適なGPS 精度(1秒間のGPSインターバル)で使用することをお勧めします。 長い修正インターバルでGPS精度設定を使用すると、停留時間としてGPS修正間のダウンタイムを、Stravaが考慮するため、移動時間、平均速度、ペース情報が不正確になります。 

 

心拍数、ペース、パワーゾーンの情報

Stravaは、Suuntoウォッチが提供する心拍数、速度、およびパワーデータを使用して、Stravaのパワー、ペース、心拍数ゾーン分布機能、およびその他のパフォーマンスパラメータデータを分析、再計算します。

関連記事: