Suuntoでは、当社のウェブサイトが「Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0」の適合レベルAAに準拠することを目標とし、WCAG 2.0と国際協調したその他の標準規格に準拠することで、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでいます。当ウェブサイト上の情報へのアクセスに問題がある場合など、アクセシビリティに関するお問い合わせは、カスタマーサービスまでご連絡ください。カスタマーサービス電話番号:米国 +1 855 258 0900(フリーダイヤル)

20,000円以上購入で送料無料 | 30日以内返品可能

Suunto 9 Peak Proのスノーケリングスポーツモードの使用方法を教えてください

Suunto 9 Peak Proは深度10mまで測定可能なため、スノーケリングアクティビティの追跡に使用できます。

まず、上にスワイプするか上ボタンを押してスポーツモードのリストを表示し、リストから「スノーケリング」を選択します。スポーツモード設定(バッテリーモード、GPS、手首から心拍数を測定など)を調整し、GPSと心拍が確認されたら「スタート」を押します。

アクティビティ中の表示画面は3種類あります。ダイビングを開始すると画面が色付きになり、必要な情報が分かりやすく可視化されます。



Snorkeling full.png

各画面と表示内容について:

  1. 水面休息中の画面。上から順に、時刻、アクティビティの合計継続時間、アクティビティの合計距離、温度を表示。ベゼルに、現在の水面休息のインターバルをグラフで表示(区切りは1~5まで。一区切り1分)。
  2. ダイブテーブル。3列あり、各列ごとにダイブ番号、継続時間、最大深度を表示。さらに左側に、各ダイブ後に再び水中にダイブするまで水面休息していたインターバルの継続時間も表示。
  3. ダイブ画面。上から順に、現在のダイブの最大深度、現在のダイブの継続時間、温度を表示。ベゼルに現在のダイブの継続時間をグラフで表示。

深度1メートルに達すると、自動的にダイブが開始されます。水面に再び戻るとダイブは自動的に終了し、水面休息のインターバルを測るタイマーがスタートします。再び深度1メートルより深く潜降すると、2本目のダイブが開始されます。

アクティビティは、保存した後、ウォッチの同期時にSuunto Appに転送されます。Suunto Appでは、ダイブの深度プロファイルに加えて、デフォルトで、最大深度、ダイブタイム、回復時間、各ダイブの累計時間別にカスタマイズ表示可能なダイブテーブルにもアクセスできます。

Dive profile 3.jpg

メモ:Suunto 9 Peak Proが測定できるのは、深度10メートルまでです。深度10メートルより深く潜降すると、ウォッチには「>10m」と表示されます。

 

詳細情報: