ファームウェアのアップデートが失敗した場合、どのようにリカバリーできますか?

ファームウェアのアップデートに失敗した場合、どのようにリカバリーできますか?

ファームウェアのアップデートが失敗した場合、以下の状況が発生します。

  • SuuntoLinkに「ウォッチのアップデートが中断されました。ウォッチを再接続してください。」という情報が表示されます。
  • ウォッチをコンピュータから取り外した後でも、ウォッチにソフトウェアダウンロードアイコンが表示されます。

この場合、以下の手順に従うことで問題を解決できる可能性があります。

1.Suunto USBケーブルを使ってウォッチをSuuntoLinkに再接続します。
2.SuuntoLinkがウォッチのリセットを提案します。

注意:リセットすると、同期していないMoveを含め、ウォッチのすべてのデータが削除されます。

3.Reset watch(ウォッチのリセット)を押してリセットを確定します。
4.SuuntoLinkにより、ウォッチにインストールされていた以前のソフトウェアバージョンが再インストールされます。
5.再インストールが完了すると、SuuntoLinkが最新のファームウェアバージョンへのアップデートを提案します。
6.Update watch(ウォッチのアップデート)を押して確定します。

SuuntoLinkへの再接続後にウォッチがリカバリーされていない場合、以下をお試しください。

1.Suunto USBケーブルからウォッチを取り外します。
2.SuuntoLinkプログラムを閉じます。
3.SuuntoLinkを再起動し、ウォッチを再び接続します。

ウォッチがまだリカバリーされない場合、右上のボタンを12秒間押してウォッチを再起動してください。次に、ウォッチをSuuntoLinkに再接続します。

 

その他のサポート情報:
SuuntoLinkのサポート