Suuntoでは、当社のウェブサイトが「Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0」の適合レベルAAに準拠することを目標とし、WCAG 2.0と国際協調したその他の標準規格に準拠することで、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでいます。当ウェブサイト上の情報へのアクセスに問題がある場合など、アクセシビリティに関するお問い合わせは、カスタマーサービスまでご連絡ください。カスタマーサービス電話番号:米国 +1 855 258 0900(フリーダイヤル)

20,000円以上購入で送料無料 | 30日以内返品可能

Suuntoウォッチを使用してインターバルトレーニングを行う方法

インターバルワークアウトは、高い負荷の運動と緩めの運動を交互に繰り返すトレーニング方法です。効果的なトレーニング方法のひとつとして広く使用されています。Suunto Spartan、Suunto 5およびSuunto 9ウォッチでは、自分のトレーニングニーズに合わせて各スポーツモードのインターバルトレーニングを設定できます。

設定方法:

  • 使用するスポーツモードを選択します(事前設定済またはカスタムモード)。

お使いのウォッチの事前設定済スポーツモードには、インターバルトレーニングがデフォルトのオプションとして用意されています。「エクササイズ」に進んでスポーツモードを選択し、スポーツモードのオプションで「インターバル」を選択します。切り替えをタップしてスポーツモードにインターバルの表示画面を追加します。これにより、インターバルトレーニングの計画を作成した後、そのまま直接トレーニングを開始することができます。

image7usid.png

カスタムスポーツモードには、インターバルがデフォルトで用意されていません。カスタムスポーツモードを使用してインターバルトレーニングを行うには、スポーツモードの表示画面として「インターバル」を追加してください。Suunto Appを使用してスポーツモードをカスタマイズする際に、インターバルの表示画面を追加する必要があります。変更内容をウォッチに同期し、上記の手順を実行します。 

iOS用Suunto Appを使ってインターバルの表示画面を追加する方法: 

スクリーンショット 2021-03-24 at 10.55.51.png

Android用Suunto Appを使ってインターバルの表示画面を追加する方法: 

スクリーンショット 2021-03-24 at 10.49.14.png

  • トレーニングの計画:インターバル、反復回数、リカバリー 

インターバル:高い負荷での運動(インターバル)を継続する長さを、距離または継続時間に基づいて設定します。
反復回数:インターバルと回復時間を組み合わせたセットを繰り返し行う回数を設定します
リカバリー:インターバルの間に設ける回復時間(リカバリー)の長さを、距離または継続時間に基づいて設定します。

 

  • インターバルトレーニングの操作方法:ボタンを押す、または設定

インターバルトレーニングは、自動で開始されません。インターバルトレーニングを開始するには、「スタート」を押して、インターバルの表示画面が表示されるまで画面をスクロールします。開始する準備ができたら、上ボタンを押します。 

反復回数をすべて終える前にインターバルトレーニングを停止するには、中央ボタンを長押ししてスポーツモードのオプションを開き、インターバル切り替えをオフに切り替えます。インターバルトレーニングを終了後、そのままエクササイズを続けることができます。 

距離に基づいてインターバルを設定する場合は、距離を測定するスポーツモードを使用する必要があります。距離の測定には、GPSによるトラッキング機能を使用するか、Foot PODまたはBike PODを使用することができます。

 

関連記事: