Suuntoでは、当社のウェブサイトが「Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0」の適合レベルAAに準拠することを目標とし、WCAG 2.0と国際協調したその他の標準規格に準拠することで、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでいます。当ウェブサイト上の情報へのアクセスに問題がある場合など、アクセシビリティに関するお問い合わせは、カスタマーサービスまでご連絡ください。カスタマーサービス電話番号:米国 +1 855 258 0900(フリーダイヤル)

20,000円以上購入で送料無料 | 30日以内返品可能

Suuntoアプリで計画的なワークアウトを作成し、Suuntoウォッチで使用する方法

Suuntoアプリでは、計画的なワークアウトを作成して保存し、Suuntoウォッチに同期することで、後でトレーニングセッション中にガイドとして使用することができます。

 

トレーニングセッション中のガイドとしてウォッチで使用できる計画的なワークアウトをSuuntoアプリで作成するには、右上の「+」マークをタップして「計画的なワークアウトを作成」を選択するか、ウォッチマークをタップします。メイン画面のウォッチの同期から、「計画的なワークアウト」をタップし、「新規作成」をタップします。

Start workout creation.PNG
次に、ワークアウトの基本情報(ウォッチに表示される名前と簡単な説明、ワークアウトを使用するアクティビティの種類/スポーツモード)を設定できます。必要に応じて、ウォッチにワークアウトを提案する日付を設定することができます。その後、ステップや繰り返す項目を追加することで、実際のワークアウトを作成できます。各ステップでは、4種類のフェーズ(ウォームアップ、休憩、回復、およびクールダウン)から選択でき、それぞれに名前、期間、目標を設定できます。

Create workout and edit steps.PNG

Edit phase-duration-target.PNG

 

また、右からスライドして専用ボタンをタップすると、ステップを削除したり、コピーが簡単に行えます。

Delete and repeat steps.PNG

ワークアウトの詳細設定が完了したら、「次へ」をクリックして、ワークアウトの概要を確認します。その後、保存するとワークアウトライブラリに保存されます(ここには、今後のワークアウト、特定の日付指定なし、または過去のワークアウトとして記載されます。注意:過去のワークアウトはウォッチで利用できませんが、日付を削除または変更するだけで再び利用できるようになります)。その後、ウォッチに同期され、SuuntoPlus™ Guidesで参照できるようになります。


Save workout.PNG

 

 

ウォッチ画面

ワークアウトがウォッチに同期されると、SuuntoPlus™ Guidesで参照できるようになります。特定の日付に対してワークアウトを計画した場合、ウォッチは計画を再通知し、ワンクリックでエクササイズに追加するオプションが表示されます。それ以外の場合は、エクササイズオプションのSuuntoPlus™ Guidesセクションからいつでも手動で追加できます。

Watch Start workout.PNG

計画的なワークアウトを有効にしてトレーニングしている間、通常使用している特定のスポーツモードの表示に加え、実行中のワークアウトステップに関連する追加情報が表示されます。

Watch workout display.PNG

ワークアウトの新しいステップを開始するとき、ウォッチは画面上で通知し、計画的なワークアウトの終了時には、別の専用の通知が表示されます。

Watch change step-end workout.PNG

注意:Suuntoアプリの計画的なワークアウトは、SuuntoPlus™ Guidesのコンポーネントに基づいています。そのため、

  • これらは、SuuntoPlus™ Guidesをサポートするウォッチ(Suunto 3、Suunto 5および5 Peak、Suunto 9、9 Baro、および9 Peak)のみ互換性があります。
  • 計画的なワークアウトを使用している場合、同じエクササイズ中にSuuntoPlus™ GuideとSuuntoPlus™機能のいずれも使用できません。
関連記事: