Suuntoでは、当社のウェブサイトが「Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0」の適合レベルAAに準拠することを目標とし、WCAG 2.0と国際協調したその他の標準規格に準拠することで、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでいます。当ウェブサイト上の情報へのアクセスに問題がある場合など、アクセシビリティに関するお問い合わせは、カスタマーサービスまでご連絡ください。カスタマーサービス電話番号:米国 +1 855 258 0900(フリーダイヤル)

20,000円以上購入で送料無料 | 夏季休業のお知らせ

Suunto 9 バッテリーモードを最大限に活用する方法は?

Suunto 9 には、パフォーマンスエンデュランスウルトラツアー という 4 つのバッテリーモードが事前設定されています。エクササイズを開始すると、デフォルトでパフォーマンスモードが有効になります。事前にカスタムバッテリーモードが定義されている場合、デフォルトでそのカスタムモードが有効になります。エクササイズ開始時に右上ボタンを押すだけでバッテリーモードを簡単に切り替えることができます。

バッテリーモードには以下の設定があります。これらの設定はエクササイズ開始画面の下にある Options(オプション) - Battery modes(バッテリーモード)で確認できます。選択したスポーツモード用のカスタムバッテリーモードを作成することもできます。      

スクリーンショット 2021/03/31 at 11.42.29.png

注:カスタムバッテリーモードはスポーツモードに固有となります。つまり、必要に応じて、各スポーツ用に異なるカスタムモードを定義することができます。

Suunto 9 のバッテリー節約機能とカスタムモードの作成についてわかりやすく説明するために、それぞれの設定と機能によるバッテリー駆動時間への影響を示したリストを作成しました。

バッテリー駆動時間に大きな影響あり
  • GPS 精度:「Best」(最高)。バッテリーを節約するには:GPS 精度を「Good」(良好)に設定します。
バッテリー駆動時間に中程度の影響あり
  • GPS精度:「Good」(良好)または「OK」
  • 画面が常にオンの状態。バッテリーを節約するには:10 秒後にディスプレイがタイムアウトするように設定します。
  • 画面をフルカラーモードで表示。バッテリーを節約するには低カラーモードを有効にします。
  • 手首から心拍数を測定。バッテリーを節約するには:心拍ベルト(チェストストラップ)を使用します。

注:追加の心拍数設定は Options(オプション)メニューにあります。この心拍数設定を無効にすると、心拍数が計測されなくなります。デフォルトでは、ウルトラモードとツアーモードではすべての心拍数計測機能 (手首および心拍ベルトの両方) が無効になっています。ウルトラモードとツアーモードで心拍数計測機能を有効にするには、スタートインジケータの下にある Options(オプション)にアクセスします。

バッテリー駆動時間に多少の影響あり
  • タッチ操作がオン。バッテリーを節約するには:画面のタッチ操作を無効にします。
バッテリーを節約するための追加のヒント:
  • バックライトがオンになっていると、バッテリー駆動時間に大きく影響します。バッテリーを節約するには:オプションメニューでバックライトの切り替えボタンを標準(灰色)に設定します。
  • 周囲の温度が低いと、ウォッチのバッテリー駆動時間が短くなることがあります。

 

関連記事:
その他のサポート情報: