Suuntoでは、当社のウェブサイトが「Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0」の適合レベルAAに準拠することを目標とし、WCAG 2.0と国際協調したその他の標準規格に準拠することで、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでいます。当ウェブサイト上の情報へのアクセスに問題がある場合など、アクセシビリティに関するお問い合わせは、カスタマーサービスまでご連絡ください。カスタマーサービス電話番号:米国 +1 855 258 0900(フリーダイヤル)

20,000円以上購入で送料無料 | 夏季休業のお知らせ

手首からより正確に心拍数を測定する方法

この記事では、手首での心拍数トラッキングの仕組みと、手首からより正確な心拍数を測定するための便利なヒントやコツをご紹介します。

目次: 

技術について
ヒント &コツ、注意事項
トラブルシューティング 


技術について

手首式または光学式の心拍数技術は、一般的に WHR や OHR と呼ばれ、手首の血流を追跡するデバイスの LED によって心拍数を測定します。これにより、チェストストラップ型心拍センサーを使用せずに、運動時や日常生活での心拍数データを確認することができます。この技術は、様々な形式や開発段階で多くのメーカーに採用されています。当社では、新モデルから旧モデルまで、以下のウォッチモデルで WHR を提供しています。Suunto 9 Peak、Suunto 9 Baro、Suunto 9、Suunto 7、Suunto 5、Suunto 3、Suunto 3 Fitness、および Suunto Spartan コレクション (当社の手首式心拍数デバイスの最初のコレクション)。 


光学式心拍数測定の精度は、多くの要因に影響され、個人差も大きくなります。収集されたデータがトレーニングの実態を反映していない場合や、活動の種類によってはチェストストラップ型センサーの方が適していると感じる場合には、より正確な測定のために、互換性のあるチェストストラップ型心拍センサーの使用をお勧めします。Bluetooth 対応の心拍数ストラップであれば、どのようなタイプでも問題ありません。 

光学式心拍計測技術の仕組み

光学式心拍計は、光を利用して静脈や組織を循環する血液の量を測定します。送り出された血液の量に応じて、機器に戻ってくる光の量に基づいて心拍数が高くなったり低くなったりします (光の量が多いほど心拍数が低くなり、光の量が少ないほど心拍数が高くなります)。つまり、手首から入った光は、脈拍数や心拍出量などの血流動態が変化したときに、予測可能な形で反射 (散乱) します。これを心拍出量ともいいます。

手首での光学式心拍計測について知っておくべきこと

これは、心拍数を記録するのに簡単で便利な方法です。ただし、光学式心拍数測定の精度や信頼性は、機器や人によって異なり、特定の種類の活動やスポーツでは全く機能しないこともあるのでご注意ください。現時点において、最も正確な光学式心拍計測技術を用いても、チェストストラップ型心拍センサーによる測定データとの誤差は、90 パーセントの確率で 5 パーセント以内にとどめるのが限界と言えます。光学式や他の形式であっても、心拍数の測定値は推定値であるため、参考値やリクリエーション目的程度の使用にとどめておいたほうがよいでしょう。いかなる種類の医療目的にも使用することはできません。


当社のパートナーであるLifeQ 社およびValencell 社と共同で、心拍数の測定に影響を与える可能性のある要因を以下のように特定しました。

  • 涼しい場所や寒い場所で運動をすると、体は手足の血流を中心部へ送り込み、体温を安定させようとします。このため腕への血流が減少してしまうことから、センサーによる正確な心拍数の読み取りがさらに困難になります。
  • 頻繁に手が冷たくなる方は、心拍数測定の精度を高めるために、運動前に適切なウォーミングアップを行うことをお勧めします。
  • テニスラケットを握ったりクロスフィットの強度の高いトレーニングに伴う腕の動きや筋肉の曲げ伸ばしを行ったり、起伏の多い地形でのサイクリングなど、強い振動を伴うスポーツを行ったりすると、センサーの読み取り精度に影響を与え、変化させる可能性があります。
  • 水泳時は、ウォッチの下を通過する水が光学センサーの心拍数を正確に読み取る機能に影響を与えるため、心拍センサーが正確な心拍数を読み取れない場合があります。
  • 汗、濃い肌色、タトゥー、体脂肪等の要因によっては、機器と血管の間に余計な情報層である水分層 (水泳と同じ効果)、メラニンの増加、距離の増加、人工的な色素沈着などが加わることで、光学センサーの読み取り精度が低下する可能性があります。 

 

ヒント &コツ、注意事項

Suunto の手首式心拍計ウォッチの装着方法 - より良い計測のためのより良い装着 

前述の要因の中で最も大きな影響を与えるのは、手首式心拍数トラッカーの装着方法と装着場所です。
ウォッチを正しく装着することで、より正確に心拍数を読み取ることができます。まず以下のヒントを参考にし、ウォッチを装着して、最も正確に心拍数が読み取れる場所を探してください。

 

                   

日常的な使用

Suunto のウォッチは手首の骨から少なくとも指 1 本分上の位置に装着し、ウォッチが手首にしっかりとフィットしていることを確認してください。ウォッチが常に肌に接していることを確認し、センサーから光が漏れないようにします。

エクササイズ中

フィット感を試す - 重要なのは、ウォッチをできるだけ手首の上の方に装着し、運動中にウォッチが滑り落ちないようにすることです。目安としては、手首の骨から指 2 本分上のところに装着します。ウォッチの裏面が肌に均等に触れるようにしっかりと装着します。ただし、締め付けすぎて血液の流れを妨げないように注意してください。

 

特定のウォッチモデルを自分の手首にフィットさせるには、時間と慣れが必要です。何度か試して、結果を比較してみてください。 

 

                 

ゆるすぎる

通常の手の動きやジェスチャーをする際に、ウォッチがきつすぎないように着用してください。また、LED ライトを見ないようにしてください。

 正しいフィット

特定のウォッチモデルを自分の手首にフィットさせるには、時間と慣れが必要です。運動時や休憩時に何度か装着して、その結果を比較してみてください。トレーニング!

 


最高の結果を得るためには、以下の点に注意してください。

  • トレーニングを始める前にウォーミングアップをして、血液を循環させ、心拍数を上げてください。心拍数を上げておくと、ウォッチが最初から安定した値を示すようになります。
  • 運動中にウォッチが心拍数を読み取れなくなった場合は、少し時間を置いて (約 10~30 秒)、ウォッチが再び心拍数の計測を開始したことを確認してから使用を再開してください。 

以下に注意してください:

  • ウォッチがゆるすぎる。
    センサーが常に肌に直接触れていることを確認してください。センサーからの光が見えないようにしてください。

  • ウォッチがきつすぎる。
    ウォッチによって締め付けられている部分の血流が減少し、センサーによって心拍数を読み取ることができなくなります。

お肌のために:

  • 定期的にウォッチを手首から外し、中性のハンドソープでウォッチ本体とストラップを洗い、水で十分にすすぎ、タオルでよく水気を拭き取ってから装着してください。
  • 激しい運動をした後は、必ずウォッチ本体とストラップを洗ってください。
  • ストラップの下に付着したローションやオイル (日焼け止め、虫よけ、保湿剤など) を拭き取ってください。中性のハンドソープを使用し、十分に洗い流した後、タオルでよく水気を拭き取ってください。
  • 同じ手首にウォッチを長時間はめたままにすると、皮膚への刺激の原因となる可能性があります。ウォッチを外すか、もう一方の手首に切り替えることで、定期的に肌を休ませましょう。
  • フルーツジュース、生のジャガイモ、セロリ、卵白、トウモロコシ、豆類、エンドウ豆、魚介類、ナッツ類、大豆、羊毛などのアレルゲン物質や、ホコリ、砂、一部のスキンローションなどの研磨物質がストラップの下に溜まると、重度の皮膚炎を引き起こす場合があります。アレルギー症状が治まらない場合は、かかりつけの医師にご相談ください。Suunto ウォッチとお肌のお手入れ方法については、こちらでご覧いただけます。

 

トラブルシューティング:

ウォッチを最新のソフトウェアバージョンに更新する

手首からより正確に心拍数を測定するための最も重要な方法の 1 つは、お使いのウォッチのソフトウェアが最新かどうかを確認することです。Suunto では、当社製品のソフトウェアを継続的に改良し、パフォーマンスの向上を実現し、バグや問題を修正しています。" href="/EPiServer/CMS/Content/Support/Software-updates,,13745/?epieditmode=False">お使いの製品のウォッチのアップデート方法についてはこちらをご覧ください。Suunto 9 Peak のアップデートについてはこちらをご覧ください。


手首の心拍数情報が記録されない

日常使用の場合。
手首の心拍数センサーが故障して心拍数を検出または読み取ることができない場合や、ウォッチ背面の心拍数センサーのライトが点滅していない場合 (手首の心拍数センサーが動作していない/オフになっているように見える) は、デイリー HRオプションが有効になっているかどうかを確認してください。「設定」-「アクティビティデイリーHR」にアクセスし、トグルが緑色になっていることを確認します。緑色になっていれば、日常使用時に継続的な心拍数トラッキングがオンになります。Suunto 7 の場合は、こちらの動画をご覧ください。 

エクササイズ中:
以前にペアリングして使用したことがある場合 (Suunto 7 を除く) は、HR ベルトからではなく手首の心拍センサーから心拍数情報を読み取るように時計が設定されていることを確認してください。「設定」-「接続性」-「ペアリングされたデバイス」を開きます。HR センサーが表示されている場合は、それを削除して HR ベルトでトレーニングを行うか、接続を削除して手首式心拍数に切り替えることができます。

上記の方法で問題が解決しない場合は、ウォッチをリセットしてみてください。Suunto デバイスのリセットについては、こちらをご覧ください。

運動開始後、心拍数の数値が高すぎたり低すぎたりする 

運動を始める前にウォーミングアップを行い、心拍数と血流を増加させることで測定値を安定させることをお勧めします。手首式心拍数測定の精度は、腕や手の血流に左右されます。10~15 分程度の適切なウォーミングアップを行うことで、血流が増加し、手首での心拍数測定の精度が向上します。

心拍数データの不一致を考慮せずにウォームアップを記録することも、スタート画面を起動して GPS と心拍数をロックした状態でウォームアップを行うことで、メインスポーツの準備を開始することもできます。  

より正確な読み取りのためにチェストストラップ型心拍センサーを使用する

心拍数ベルトは、採用されている技術のおかげで、手首に装着するデバイスよりも正確な測定値を提供します。必要に応じて、互換性のあるチェストストラップ型心拍センサーの使用をお勧めします。これにより、ウォッチを自転車のハンドルに装着していても、袖の上に装着していても心拍数を測定することができます。

心拍数ベルトをウォッチとペアリングすると、エクササイズ開始画面の心拍数アイコンに、心臓を囲む小さなベルトが表示されます。