Suuntoでは、当社のウェブサイトが「Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0」の適合レベルAAに準拠することを目標とし、WCAG 2.0と国際協調したその他の標準規格に準拠することで、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでいます。当ウェブサイト上の情報へのアクセスに問題がある場合など、アクセシビリティに関するお問い合わせは、カスタマーサービスまでご連絡ください。カスタマーサービス電話番号:米国 +1 855 258 0900(フリーダイヤル)

20,000円以上購入で送料無料 | AUTUMNセール開催中

Suuntoウォッチをリセットするには?

すべてのSuuntoウォッチは、次の2種類の方法を用いてウォッチをリセットすることで、さまざまな問題に対処することができます。 

  1. 1つめの方法は、再起動と呼ばれる「ソフトリセット」です。 
  2. 2つめの方法は、出荷時の設定へのリセットと呼ばれる「ハードリセット」です。 

 

a. ソフトリセット(再起動): 

お使いのウォッチを再起動することによって、以下の状況に対処することができます。 

  • デバイスがどのボタン操作、タップ、スワイプにも反応しない(タッチスクリーンが機能しない)。
  • ディスプレイがフリーズするか、何も表示されない。
  • ディスプレイがブートモードでフリーズする(ディスプレイが「下向き矢印」を表示したままになる)。
  • ボタン操作などを行ってもバイブレーションが振動しない
  • ウォッチの機能が正常に動作しない。例えば、ウォッチがHRを記録しない(光学式心拍計のLEDが点滅しない)、コンパスのキャリブレーションが終了しない、など。
  • 毎日歩いた歩数が、ステップカウンターにカウントされない(アプリに記録された歩数が表示されるまで時間がかかる場合があります)。
  • 正しく接続しても、SuuntoLinkでデバイスが認識されず、USBケーブルにも欠陥が見当たらない。

注:再起動すると、アクティブなエクササイズが終了し、保存されます。通常の状況下では、エクササイズのデータが失われることはありません。ごく稀に、ソフトリセットが原因でメモリの破損が生じることがあります。

ソフトリセットの実行: 

  • Suunto Ambit:5つのボタンすべてを同時に10秒間長押ししてから離します。 
  • Suunto Ambit2/ Ambit2 S/ Ambit 2R:5つのボタンすべてを同時に10秒間長押ししてから離します。 
  • Suunto Ambit3 Run/ Sport/ Peak:5つのボタンすべてを同時に10秒間長押ししてから離します。 
  • Suunto Ambit3 Vertical:4つのコーナーにあるボタンすべてを同時に10秒間長押ししてから離します。デバイスを再度オンにするには、右上のボタンを長押ししてください。 
  • Suunto Traverse/ Traverse Alpha:4つのコーナーにあるボタンすべてを同時に10秒間長押しししてから離します。デバイスを再度オンにするには、右上のボタンを長押ししてください。 
  • Suunto Spartanコレクション:右上のボタンを12秒間長押ししてから離します。 
  • Suunto 3/ 3 Fitness:右上と左上のボタンを12秒間長押ししてから離します。 
  • Suunto 5:右上と左上のボタンを12秒間長押ししてから離します。 
  • Suunto 7:特別な手順に従って再起動を行います。こちらに記載されている再起動の手順をお読みください。 
  • Suunto 9/9 BARO:右上のボタンを12秒間長押ししてから離します。 
  • Suunto 9 Peak:右上のボタンを12秒間長押ししてから離します。  

ソフトリセットを行っても問題が解決しない場合は、2つめのリセット方法をお試しください。上記の方法で問題が解消しない場合には、ハードリセットによって解決できる場合があります。 

 

b. ハードリセット(出荷時の設定へのリセット): 

出荷時の設定へリセットすると、お使いのウォッチはデフォルト値に復元されます。ハードリセットを行うと、エクササイズデータ、個人データ、movescount.comまたはSuuntoアプリと同期されていない設定などを含むすべてのデータがお使いのウォッチから消去されます。ハードリセット後、Suuntoウォッチの初期設定を行う必要があります。  

以下の状況において、お使いのウォッチを出荷時の設定へリセットしてください。 

  • トラブルシューティング手順の操作の一部として、Suuntoカスタマーサポートの担当者から指示された。
  • ソフトリセットで問題が解決しなかった。
  • デバイスのバッテリー寿命が著しく低下してきている、または低下してしまった。
  • デバイスがGPSに接続されず、他のトラブルシューティングでは解決しなかった(Suunto 3/ 3 Fitness以外)。 
  • Smart Sensorやモバイルアプリとの接続など、デバイスをBluetooth対応デバイスと接続する際に問題が発生し、他のトラブルシューティングでは解決しなかった。
  • SuuntoLinkファームウェアアップデートのトラブルシューティングの手順に従って操作している場合。

出荷時の設定へのリセットの実行:

Ambit (1,2,3)、Traverse、Suunto 3、5、9/Baroコレクションの場合:

ウォッチの出荷時設定へのリセットは、SuuntoLink経由で行います。SuuntoLinkをまだインストールしていない場合は、こちらに記載されている手順に従ってインストールしてください。 

  • 付属のUSBケーブルを使ってお使いのウォッチをパソコンに接続し、SuuntoLinkを開きます。 
  • ウォッチが認識されて同期が完了するまで待ち、歯車(右上隅)をクリックして「ウォッチ」を選択します。 
  • ウォッチ」をクリックし、ウォッチの名前の下にある「すべての設定をリセット」を、選択します。
  • 実行しようとしている手順についてSuuntoLinkから指示が表示されたら、「確認」をクリックして操作を続行します。  
  • ウォッチのリセット」を選択し、リセット手順を開始します。その際、お使いのウォッチで利用できる最新のソフトウェアバージョンをSuuntoLinkから再インストールします。
  • アップデートが完了するまで、ウォッチは自動的にブートモード(「下向き矢印」ディスプレイ)になります。 
  • ウォッチにセットアップウィザードが表示されたら、更新完了となります。安全にUSBを取り外すことができます。
  • お使いのウォッチをセットアップして、再起動してください。

注:出荷時の設定にリセットすると、ウォッチに保存されていた過去のペアリング情報が削除されます。Suuntoアプリで再度ペアリングプロセスを開始する際は、事前にSuuntoアプリとスマートフォンの両方のBluetooth設定から、過去のペアリング情報を削除することをおすすめします。  

Suunto 7の場合: 

Suunto 7のリセット方法については、こちらに記載されている操作手順に従ってください。出荷時の設定にリセットした後のペアリングの指示に従ってください。 


Suunto 9 Peakの場合:

Suunto 9 Peakのリセット方法については、ウォッチの「設定」に進み、「全般」を選択して「設定のリセット」まで下にスクロールします。リセットするとウォッチに保存されているデータがすべて削除されます。「リセット」を選択(右上のボタンを押すか、または画面をタップ)してリセットを実行します。 

 

注:これら2つのリセット方法は、いずれも緊急時の対処方法としてのみ実行してください。これらの操作手順を日常的に行わないでください。問題が解決しない場合には、Suuntoカスタマーサポートにお問い合わせいただくか、最寄りのSuunto認定サービスセンターまでお使いのウォッチをお送りください。