Suuntoでは、当社のウェブサイトが「Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0」の適合レベルAAに準拠することを目標とし、WCAG 2.0と国際協調したその他の標準規格に準拠することで、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでいます。当ウェブサイト上の情報へのアクセスに問題がある場合など、アクセシビリティに関するお問い合わせは、カスタマーサービスまでご連絡ください。カスタマーサービス電話番号:米国 +1 855 258 0900(フリーダイヤル)

20,000円以上購入で送料無料 | 30日以内返品可能

Suunto 5 ユーザーガイド

ナビゲーション

高度プロファイルのナビゲーション機能

高度情報をデータに含むルートをナビゲーション中、高度プロファイルディスプレイを使って、高度の上下に基づいてナビゲートすることもできます。ナビゲーション機能のメインディスプレイ(ルート上の現在地を確認する表示画面)で、中央ボタンを押して高度プロファイルディスプレイに切り替えます。

高度プロファイルディスプレイには次の情報が表示されます:

  • 上段:現在の高度
  • 中段:現在地を示す高度プロファイル
  • 下段:残りの上りまたは下り(左下ボタンを押してビューを切り替えます)

高度ナビゲーション機能 Trainer

高度ナビゲーションを使用中にルートから大幅に外れてしまった場合、時計画面の高度プロファイルディスプレイ上に オフルート というメッセージが表示されます。このメッセージが表示されたら、ルートナビゲーションディスプレイまでスクロールして正しいルート上に戻ってから、高度ナビゲーションを継続するようにしてください。

高度計

Suunto 5 GPS を利用して高度を計測します。最適な信号環境であれば、GPS 高度の読み取りは非常に高い精度での表示が可能になります。

気圧高度から得られるデータに匹敵する GPS 高度の高精度な読み取りを行うには、GPS 高度を調整するジャイロスコープまたはドップラーレーダーなどの追加データソースが必要です。

Suunto 5は高度測定に GPS のみに依存しているため、GPS が最高精度に設定されていない場合、いずれかのフィルタリングによりエラーが生じやすく、不正確な高度読み取りが発生する場合があります。

高精度な高度読み取りが必要な場合、記録中にお使いの GPS 精度を最高に設定します。

ただし、最高精度であっても、GPS 高度は絶対位置が表示されるとは限りません。実際の高度の見積値であり、この見積精度は周辺環境に大きく依存します。

ルート

お使いの Suunto 5 を使用してルートをナビゲートすることができます。

ルートナビゲーションを開始するには:

  1. 右上ボタンを押してランチャーを開きます。
  2. ナビゲーション までスクロールし、中央ボタンを押します。

    Navigation icon Trainer

  3. スクロールしてルート中央のボタンを押してルートリストを開きます。

    Routes list Trainer

  4. ナビゲートしたいルートまでスクロールし、中央ボタンを押します。

  5. 右上ボタンを押してナビゲーションを開始します。
  6. 右上ボタンをもう一度押すといつでもナビゲーションを停止できます。

    Route overview S5

詳細ビューでは、中央ボタンを長押しして表示内容を拡大または縮小します。右上ボタンと右下ボタンを使ってズームレベルを調整します。

NavigationRoute S5

ナビゲーションディスプレイで下ボタンを押すと、ショートカットのリストが開きます。これらのショートカットを使用すれば、現在地を保存したり、別のルートを選択してナビゲートするなど、さまざまなナビゲーション操作へ簡単にアクセスできます。

GPSを使用可能なすべてのスポーツモードにはルート選択オプションもあります。エクササイズ中のナビゲーション を参照してください。

ナビゲーションガイダンス

ルートをナビゲートすると、ルートに沿って進んで行きます。追加の通知を受け取り、正しいルートを維持することができます。

たとえば、ルートから100m(330ft)以上離れると、ウォッチは正しい軌道に乗っていないことを通知し、ルートに戻ったことを知らせてくれます。

ルート上のPOIのウェイポイントに達すると、次のウェイポイントまたはPOIまでの距離と予定時間(ETE)を示す情報ポップアップが表示されます。

メモ:

図-8 に示すように自分自身が横断するルートをナビゲートして交差点で間違った方向に進んだ場合、ウォッチは意図的に別のルートに進んでいるとみなします。ウォッチは現在の新しい移動方向に基づいて次のウェイポイントを表示します。したがって、複雑なルートをナビゲートしているときに適切な方向に進んでいることを確認するために、ご自身のブレッドクラムトレイルを確認してください。

ファインドバック

アクティビティを記録する際に GPS を使用している場合、Suunto 5 が自動的にエクササイズのスタート地点を保存します。ファインドバックにより、Suunto 5 がスタート地点まで折り返し戻るための最適なルートをガイドします。

ファインドバックを開始するには:

  1. アクティビティを記録中に、中央ボタンを押してナビゲーションディスプレイまで移動します。
  2. 右下ボタンを押してショートカットメニューを開きます。
  3. ファインドバックまでスクロールし、中央ボタンを押して選択します。
  4. 左下ボタンを押してファインドバックの表示を終了し、ナビゲーションディスプレイに戻ります。

ナビゲーションガイダンスは、選択されたスポーツモードの最後のディスプレイとして表示されます。

Komoot のターンバイターンナビゲーション

Komoot の登録ユーザーは、Komoot でルートを計画したり、Suunto Appを使用してこれらのルートを Suunto 5 に同期させることができます。ウォッチで記録したエクササイズは、Komoot にも自動で同期されます。

Suunto 5で Komoot から同期したルートを使用してルートナビゲーション機能を利用している場合には、次の曲がり角に近づくとウォッチが音を鳴らして通知し、曲がる方向を示すテキストが画面に表示されます。

Komoot Navigation

Komoot のターンバイターンナビゲーションを使用するには:

  1. Komoot.com に登録します。
  2. Suunto アプリで、パートナーサービスを選択します。
  3. 「Komoot」を選択し、Komoot に登録した同じログイン情報を使用して接続します。

Komoot で選択または計画したすべてのルート (Komoot では “tours” と呼びます) が Suunto Appに自動的に同期されます。その後、これらのルートを簡単にウォッチに転送できるようになります。

ターンバイターンナビゲーションの通知機能を使用するには、「ルート」セクションの手順に従って、Komoot からルートを選択します。

Suunto と Komoot のパートナーシップの詳細は、こちらのウェブサイトをご覧ください。ウェブサイト: http://www.suunto.com/komoot

メモ:

Komoot は、現在中国では利用できません。

ポイントオブインタレスト

ポイントオブインタレスト(POI)は、キャンプ場やトレイル沿いのビスタポイントなどの特別な場所を保存して、後でナビゲートするために使用します。Suunto アプリで、マップから POI を作成することができます。この際、現在地が POI の場所である必要はありません。ウォッチで POI を作成するには、現在地を保存することで POI を作成できます。

各 POI について以下の詳細を定義できます:

  • POI 名
  • POI タイプ
  • 作成された日付と時間
  • 緯度
  • 経度
  • 高度

ウォッチ本体に保存できる POI の上限は 250 件です。

POI へのナビゲーション

時計上の POI リストからナビゲートしたい POI を選択するだけで、その POI へナビゲートすることができます。

メモ:

POI へのナビゲート中、時計のGPS制度はベストとなります。

POI までのナビゲーションを開始するには:

  1. 右上ボタンを押してランチャーを開きます。
  2. ナビゲーション までスクロールし、中央ボタンを押します。
  3. POI までスクロールし、中央ボタンを押して POI のリストを開きます。
  4. 希望する POI までスクロールし、中央ボタンを押します。
  5. 上ボタンを押してナビゲーションを開始します。

上ボタンをもう一度押していつでもナビゲーションを停止できます。

移動中、POI へのナビゲーションには 2 種類のビューがあります:

  • POI までの方向と距離を示す POI ビュー

    POI detail view Trainer

  • 目的地である POI に対する現在地を示すマップビューと、現在地までの経路を示すブレッドクラムトラッキングビュー

    POI map view Trainer

中央ボタンを押すと、これらのビューを切り替えて表示できます。移動中に立ち止まると、ウォッチは GPS に基づいて進行方向を判断できなくなります。

ヒント:

POI表示では、現在の位置とPOIと推定到着時間(ETA)または途中経路(ETE)の高度差など、下段の追加情報を表示するために画面をタップします。

マップビューでは、他の POI がグレーで表示されます。右上ボタンを押すと、マップ全体のビューと詳細なビューを切り替えて表示することができます。詳細なビューでは、中央ボタンを押してズームレベルを調整してから、上ボタンと下ボタンを使って表示内容を拡大または縮小します。

ナビゲーション中に右下ボタンを押すと、ショートカットのリストが開きます。ショートカットを使用すると、POIの詳細や現在の場所を保存したり、別のPOIを選択したり、ナビゲーションを終了するなどのアクションにすばやくアクセスできます。

POI タイプ

Suunto 5 では、次の POI タイプを使用することができます:

poi basic標準ポイントオブインタレスト
poi bedding寝床(動物、ハンティング用)
poi begin始点(ルートまたはトレイルの始点)
poi biggame大型獣(動物、ハンティング用)
poi bird鳥類(動物、ハンティング用)
poi home建物、ホーム
poi cafeカフェ、食べ物、レストラン
poi campキャンプ場、キャンプ
poi car車、駐車場
poi cave洞窟
poi hill断崖、丘、山、谷
poi lake海岸、湖、川、水辺
poi crossroad交差点
poi emerg救護所
poi end終点(ルートまたはトレイルの終点)
poi fish魚、釣りスポット
poi forest
poi geoジオキャッシュ
poi hotelホステル、ホテル、ロッジ
poi info情報
poi meadow草原・牧草地
poi peak
poi prints足跡(動物の足跡、ハンティング用)
poi road
poi rock
poi rub背擦り(動物のマーキング、ハンティング用)
poi scrape爪跡(動物のマーキング、ハンティング用)
poi shot発砲(ハンティング用)
poi sight観光スポット名所
poi smallgame小型獣(動物、ハンティング用)
poi standスタンド(ハンティング用)
poi trailトレイル
poi camトレイルカメラ(ハンティング用)
poi waterfall

POI の追加および削除

Suunto アプリまたはウォッチで現在地を保存することで、ウォッチに POI を追加することができます。

屋外でウォッチを使用しているときに POI として保存しておきたいスポットを見つけたら、その場所を直接ウォッチ本体に追加することができます。

POI をウォッチに追加するには:

  1. 上ボタンを押してランチャーを開きます。
  2. ナビゲーションへ進み、中央ボタンを押します。
  3. 下ボタンを押して現在地 まで下にスクロールし、中央ボタンを押します。
  4. GPS を有効にし、ウォッチが現在地の位置情報 (緯度と経度) を取得するまで待ちます。
  5. ウォッチに現在地の緯度と経度が表示されたら、現在地を POI として保存するために上ボタンを押して POI タイプを選択します。
  6. デフォルトでは、POI の名前には POI タイプが使用されます (最初に保存された POI 以降には連番が振られます)。
POI の削除

POI を削除するには、Suunto Appまたはウォッチ本体の POI リストから削除します。

ウォッチで POI を削除するには:

  1. 上ボタンを押してランチャーを開きます。
  2. ナビゲーションへ進み、中央ボタンを押します。
  3. 下ボタンを押してPOI まで下にスクロールし、中央ボタンを押します。
  4. ウォッチから削除したい POI までスクロールし、中央ボタンを押します。
  5. 詳細の一番下までスクロールし、削除 を選択します。

ウォッチから POI を削除しても、その POI は完全に削除されません。

ウォッチから削除した POI を Suunto Appからも完全に削除するには、Suunto Appからも削除する必要があります。

GPS 精度とバッテリー節約

GPS 補正間隔によってトラッキング精度が決まります。補正間隔が短ければ短いほど、精度は向上します。エクササイズ記録時に、各 GPS 補正がログへ記録されます。

GPS 補正間隔はバッテリー駆動時間にも直接的な影響を与えます。GPS 精度を下げると、お使いのウォッチのバッテリー駆動時間を伸ばすことができます。

GPS 精度のオプションは次のとおりです。

  • ベスト:補正間隔 1 秒未満
  • グッド:補正間隔 60 秒未満

ウォッチ または Suunto App 内のスポーツオプションから GPS 精度を変更できます。

記録を開始せずにルートまたは POI をナビゲートする場合、GPS 精度は自動的に「Best」に設定されます。

メモ:

エクササイズの記録または GPS ナビゲーションを初めて行う場合は、お使いのウォッチが GPS 補正信号を取得するまで待ってから開始してください。使用状況によっては、 30 秒以上かかる場合があります。

目次