Suuntoでは、当社のウェブサイトが「Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0」の適合レベルAAに準拠することを目標とし、WCAG 2.0と国際協調したその他の標準規格に準拠することで、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでいます。当ウェブサイト上の情報へのアクセスに問題がある場合など、アクセシビリティに関するお問い合わせは、カスタマーサービスまでご連絡ください。カスタマーサービス電話番号:米国 +1 855 258 0900(フリーダイヤル)

ニュースレターに登録 | 20,000円以上購入で送料無料 | 30日以内返品可能

Suunto 7 ユーザーガイド

エクササイズ中にウォッチを操作する

画面を復帰させる
エクササイズビューを変更する
エクササイズ中に他のアプリを開く
エクササイズ中にボタンとタッチスクリーンを使用する

画面を復帰させる

Suunto Wear App を使ってエクササイズを記録している間、画面とウォッチを操作するためのジェスチャーは、バッテリーを長持ちさせるために、スポーツに応じて最適化されます。

エクササイズ中の統計を常に有効にし、ディスプレイを起動すると、次のことができます。

  • 電源ボタンを押す
  • 画面にタッチ

wake-up-display-during-exercise

マップが表示されている間、エクササイズ中にディスプレイを起動すると次のことができます。

  • 手首を回す
  • 電源ボタンを押す
  • 画面にタッチ

wake-up-map-during-exercise

メモ:

水泳やカヤックなどのウォータースポーツでは、Suunto Wear App の誤操作を防ぐためにタッチスクリーンが無効になります。

水泳だけでなく、その他すべてのエクササイズの途中で Suunto Wear App を終了すると、タッチスクリーンが有効になります。

エクササイズビューを変更する

suunto-wear-app-exercise-carousel

エクササイズ中に追跡できる測定データは、選択するスポーツモードにより異なります。ほとんどのスポーツモードには、2 種類から 4 種類の異なるエクササイズビューが用意されています。スポーツに応じて最も重要なエクササイズデータを表示します。アウトドアスポーツを行う際には、マップで移動経路を確認することもできます。

ビューを切り替えるには

  • 中央のボタンを押す
  • 右または左にスワイプ

エクササイズ中に他のアプリを開く

suunto-wear-app-exercise-exit

曲をスキップしたり、天気をチェックしたり、エクササイズ中に他のアプリを使用したりする場合、Suunto Wear App を終了してもエクササイズの記録は続行します。

  1. 電源ボタンを押すか、画面をタッチしてディスプレイを起動します。
  2. ウォッチフェイスに移動するには、電源ボタンを押してください。
  3. ご自由にウォッチをお使いください。
  4. ウォッチフェイスに戻るには、電源ボタンを押してください。
  5. エクササイズに戻るには、右上ボタンを押してください。
メモ:

一部の操作やアプリはバッテリーをかなり消耗することから、記録できるエクササイズの長さ(時間)に影響する場合があります。

エクササイズ中にボタンとタッチスクリーンを使用する

手袋をしたままでも、水中でも、エクササイズを開始したり、エクササイズ中にウォッチを操作することができます。すべてのスポーツ機能は、必要に応じてボタンのみで操作することができます。

ビューを切り替える
中央のボタンを押すか、左または右にスワイプして異なる測定データを表示したり、マップを確認することができます。

一時停止
右上のボタンを押します。もう一度ボタンを押すと再開します。

終了
右上のボタンを押してから、右下のボタンを押します。

ラップをマークする
右下のボタンを押します。

ボタンをロックする
中央のボタンを長押しします。

マップをコントロールする
マップビューで、右上と右下のボタンを使ってズームイン、ズームアウトします。

エクササイズオプションの調整
右下ボタンを押したままにするか、画面を下から上にスワイプして、メニューを開いてください。

マップスタイルの変更
右下ボタンを押したままにするか、画面を下から上にスワイプして、メニューを開いてください。

目次