Suuntoでは、当社のウェブサイトが「Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0」の適合レベルAAに準拠することを目標とし、WCAG 2.0と国際協調したその他の標準規格に準拠することで、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでいます。当ウェブサイト上の情報へのアクセスに問題がある場合など、アクセシビリティに関するお問い合わせは、カスタマーサービスまでご連絡ください。カスタマーサービス電話番号:米国 +1 855 258 0900(フリーダイヤル)

20,000円以上購入で送料無料 | 最大65%OFF BLACK FRIDAY SALE 11/25開始

Suunto Ambit2 ユーザーガイド - 2.1

目次
目次

偏角値の設定

コンパスの正確な読み取りには、偏角値を正しく設定する必要があります。

紙の地図の北は真北を指しています。コンパスの北は磁北(地球の磁場が発生している地球上層部)を指しています。磁北は必ずしも真北を指しているとは限らないため、コンパスの偏角を設定する必要があります。磁北と真北の角度が、偏角となります。

ほとんどの地図には偏角値が記載されています。磁北は毎年少しずつ移動しています。最も正確な最新の偏角値は、インターネットを利用して入手することができます(例:www.magnetic-declination.com)。

ただし、オリエンテーリング用の地図は例外です。これらの地図は磁北を基準に作成されています。オリエンテーリング用の地図を使用する際にはコンパスの偏角値を0度に設定し、偏角補正機能をオフにしておく必要があります。

偏角値を設定するには:

  1. Next ボタンを長押ししてオプションメニューに入ります。
  2. Next ボタンを押して 全般に入ります。
  3. Light Lock ボタンでコンパスまでスクロールし、Next ボタンで選択します。
  4. Light Lock ボタンで偏角値までスクロールし、Next ボタンで選択します。
  5. を選択して偏差をオフにするか、 W(西)または E(東)を選択します。
  6. Start Stop ボタンまたは Light Lock ボタンで偏角値を設定します。
  7. Next ボタンを押して設定を承認します。

setting declination Ambit2

ヒント:

コンパスモードで View ボタンを長押ししてコンパスの設定に入ることもできます。

目次