Suuntoでは、当社のウェブサイトが「Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0」の適合レベルAAに準拠することを目標とし、WCAG 2.0と国際協調したその他の標準規格に準拠することで、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでいます。当ウェブサイト上の情報へのアクセスに問題がある場合など、アクセシビリティに関するお問い合わせは、カスタマーサービスまでご連絡ください。カスタマーサービス電話番号:米国 +1 855 258 0900(フリーダイヤル)

ニュースレターに登録 | 20,000円以上購入で送料無料 | 30日以内返品可能

Suunto D4f ユーザーガイド -

アラーム・警告・通知

Suunto D4fには、音声と視覚でのアラーム機能があり、重要な限度またはプリセット値に達したことを通知します。

優先度が低いことを示す1種類のアラーム音:

アラームタイプサウンドパターンアラームの鳴り方
優先度が低いAlarm LowPriority3.2秒間隔で0.8秒のアラーム音が継続

音の変化による2種類のガイダンス通知:

アラームタイプサウンドパターン状況
音が上がる鳴り方Alarm Ascending浮上開始警告
音が下がる鳴り方Alarm Descending潜降開始警告

Suunto D4fは、バッテリー寿命を節約するために、アラームが表示されない間に情報を表示します。

優先度の低いアラームについて:

アラームタイプアラームの理由

優先度の低いアラームが2回。

最大深度の値が点滅。

任意で設定した最大深度またはアラームの固定値に到達したため。いずれかのボタンを押し、アラームを確認します。
優先度の低いアラームが2回。ダイブタイムの値が点滅。任意で設定したダイブタイムに到達したため。いずれかのボタンを押し、アラームを確認します。
優先度の低いアラームが1回。最大深度の値が点滅。任意で設定した深度に到達しました。いずれかのボタンを押し、アラームを確認します。

優先度の低いアラームが1回。

サーフェスタイムの値が点滅。

次回の潜水までのサーフェスタイムの長さ。いずれかのボタンを押し、アラームを確認します。

視覚的アラーム

表示状態
nofly飛行機搭乗禁止(1回の10分間のフリーダイブ後)

目次