Suuntoでは、当社のウェブサイトが「Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0」の適合レベルAAに準拠することを目標とし、WCAG 2.0と国際協調したその他の標準規格に準拠することで、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでいます。当ウェブサイト上の情報へのアクセスに問題がある場合など、アクセシビリティに関するお問い合わせは、カスタマーサービスまでご連絡ください。カスタマーサービス電話番号:米国 +1 855 258 0900(フリーダイヤル)

ニュースレターに登録 | 20,000円以上購入で送料無料 | 30日以内返品可能

Suunto D4f ユーザーガイド -

水面休息時間と飛行機搭乗禁止時間

水面に戻ると、Suunto D4fはダイビング後の安全情報とアラームの提供を続けます。潜水後、飛行機に搭乗するまで待つ必要がある場合、すべてのモードで飛行禁止シンボルが表示されます。

nofly

水面休息時間と飛行機搭乗禁止時間の詳細情報を確認するには、ダイブモードにします。

Suunto D4fは、Surf t.(水面休息時間)フィールドに、水面に浮上してからの経過時間を示します。飛行機シンボルは、飛行機に搭乗すべきではないことを示します。No Fly(飛行禁止)フィールドで、飛行機への搭乗が安全になるまでの時間がカウントダウンされます。

suface nofly time Dseries

1回のフリーダイブが10分を超えるか、Gauge(ゲージ)モードで潜水を行うと、飛行機搭乗禁止時間は常に48時間になります。

警告:

ダイブコンピュータが飛行機搭乗禁止時間をカウントダウンしている間は、飛行機搭乗は避けてください。飛行機に搭乗する前に必ずダイブコンピュータを起動し、飛行禁止の残り時間を確認してください。飛行機搭乗禁止時間内の飛行機搭乗および高地への旅行は、減圧症のリスクが非常に高まります。レジャー・スクーバダイビング事故者に対する緊急医療援助システム(DAN)が発信する情報を参考にしてください。潜水後の飛行機搭乗において、減圧症を完全に防ぐことを保証する規則は存在しません。

レジャー・スクーバダイビング事故者に対する緊急医療援助システム(DAN)は、以下の飛行機搭乗禁止時間を推奨しています。

  • 民間機の飛行高度(最大2,400 m(8,000 ft))まで上昇してもダイバーが何も発症しないことを合理的に保証するためには、少なくとも12時間の水面休息時間が必要となります。
  • 数日間にわたって毎日複数回の潜水を行う計画を立てているダイバーや減圧停止を要する潜水を行うダイバーは、特別な注意を払い、飛行機に搭乗するまで12時間よりさらに長い時間待機しなければなりません。さらに、国際潜水・高気圧環境医学会(UHMS)は、標準のエアーシリンダを使用しており減圧症の兆候が見られないダイバーに対し、最大2,400 m(8,000 ft)まで機内の圧力が上昇する飛行機に搭乗する前に、最後の潜水から24時間待機することを推奨しています。この推奨には、以下の2つの例外があります。
    • ダイバーの過去48時間以内の潜水時間が合計2時間に満たない場合、推奨される飛行前の水面休息時間は12時間です。
    • 減圧停止が必要であった潜水の後は、少なくとも24時間、可能であれば48時間、飛行機の搭乗まで待機すべきです。

スントは、すべてのDANおよびUHMSガイドラインに従い、尚且つダイブコンピュータの飛行機搭乗禁止時間がゼロになるまで、飛行機に搭乗しないことをお勧めしています。

目次