Suuntoでは、当社のウェブサイトが「Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0」の適合レベルAAに準拠することを目標とし、WCAG 2.0と国際協調したその他の標準規格に準拠することで、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでいます。当ウェブサイト上の情報へのアクセスに問題がある場合など、アクセシビリティに関するお問い合わせは、カスタマーサービスまでご連絡ください。カスタマーサービス電話番号:米国 +1 855 258 0900(フリーダイヤル)

20,000円以上購入で送料無料 | 30日以内返品可能

Suunto Essential ユーザーガイド

水深計プロファイルの使用

シュノーケリングをする際は、DEPTH METER を使用します。シュノーケリングをしている間、現在の水深と最大水深を同時に表示します。最大測定可能深度は 32.8 ft(10m)です。DEPTH METER プロファイルが有効になると、画面の左上に波のアイコンが表示されます。

DEPTH METER プロファイルが有効になっている場合、[View] で次のビューにアクセスできます。

  • ログレコーダー:シュノーケリングダイブの記録
  • 温度:現在の温度を測定
  • 時刻:現在の時刻を表示

Using snorkeling profile

水深計プロファイルでのログ記録

DEPTH METER プロファイルにあるログレコーダーは、 ALTIMETER プロファイルにあるログレコーダーと同じような動作をしますが、高度を記録する代わりにシュノーケリングで潜った深さを記録します。

DEPTH METER プロファイルでログを記録するには:

  1. ALTI & BARO モードで、ログレコーダービューを選択します。
  2. [Start Stop] で開始、終了、リセットします。シュノーケリングを始めます。
  3. 水面に上がったら、[+] を長押ししてリセットします。
注意:

デバイスが水面下ある間は、ボタンを押さないでください。

メモ:

DEPTH METER プロファイルのログレコーダーを使用する前に、ALTIMETER プロファイルのログレコーダーをリセットする必要があります。そうしないと、最大水深が現在の海面上の高度と同じままになってしまいます。

ヒント:

ログレコーダーを停止したら、リセットする前にログブックと現在の記録を閲覧することができます!

目次